ポテンシャルもやる気もあるのに、なぜアフィリ・ネットビジネスの結果が出ないのか?最大の特徴の1つ

2 min
小澤竜太

小澤竜太

株式会社ディスカバリー・代表取締役。2011年にアフィリエイトを開始し、2013年より法人化。

アフィリエイト、メールマーケティングや、Webコンサルティングをメインに展開。また、『ディスカバリーアカデミー』というブログ・メルマガアフィリエイトでの稼ぎ方を教える教材を販売中。累計販売本数1,500本以上。累計獲得報酬2億円以上。

FOLLOW

昨日、目標に関する動画セミナーを配布しました。


もし、見ていただいたのであれば…もうやってみましたか?もしくは、やろうと思いましたか?

もちろん、やった人もいると思います。そういう人は、かなりうまくいく可能性が高い。
ただ、実際問題…聴いたことを素直に実践する人って、全体の1割にも満たないくらいです。

今回は、その理由をお話した動画をアップしました。

動画版はこちら

なぜ、聞いたことを素直にやらないのか?

なぜ多くの人は、「聞いたこと・学んだことを素直にやらないのか?」というと…面倒だから。

面倒だし、自分にはもっと優先するべき、大事な作業があるから。だから、言われたことも素直に優先してやらないんですね。

これが、結果が出ない人の最大の特徴。つまり、素直じゃない。

伸び悩んでる人にも、この傾向はありますね。もともと素直だったのに、素直じゃなくなっている。

いま僕が伝えているのは、「目標設定の大切さ」じゃないですよ。

「昨日、伝えたことを、素直にやったか?やろうとしたか?」

ということなんです。

もう一度いいますよ。結果が出ない人の最大の特徴は、「素直じゃないこと」と、「自分にはもっと優先するべき、大事な作業があると言い聞かせて、やらない」事。

だって、自分にはもっと優先するべき大事な作業があったら、大義名分ができますからね。

「僕には、私には、いま、やるべきことがあるんです!!」

って。

それを言い訳と意識すること無く、言い訳として使っているんですよ。面白いくらい共通しているし、みんな同じ。当たり前ですけど、かつての僕も同じ(笑)

素直じゃなかった僕の過去…

まだアフィリで結果が出てなかった当時、たまたま売れた商品があったんですね。

で、その商品をもっと売ってやろうと色々戦略を練っていたら、当時のアフィリの先輩から「それはそれ以上売れないから、やめておいたほうがいいよ」って言われたんですね。

で、そこで素直に聞いていればいいものを…意地になっちゃったんです。

「お前も同じ商品を売っているから、俺に販売本数伸ばされちゃ困るんだろう?!一気に抜き去ってやるぜーーー!!」ってね。

結果、全く本数は伸びなかった。何やっても伸びなかった。その先輩アフィリエイターのいうとおりだったってわけです。素直じゃないことで、僕は2ヶ月以上の期間を無駄にしたわけです。

これが、素直じゃないって事。

僕が素直じゃなかったエピソードを挙げればきりがないですが(笑)

ただ、僕の中の代表的なエピソードですね。

伸びる人は、言われたことに対して「はい、いますぐやります」「それは、やめておきます」と、素直にすぐに実践する。伸びない人は、素直じゃないし、なんだったら大義名分をツケて言い訳をしたり、反論したりしてくる。

面白いですよーこの傾向は。何度も言いますが、みんな同じ。その結果どうなるか?素直に行動した人は、その後も伸び続けるし…そうじゃない人は、伸びない。ただそれだけなんですね。

でも、この音声を聴いているあなたは、できるポテンシャルと、やる気はあるはず。
じゃあ、あとは素直になるだけなんですよね。

それだけで、その後の結果は大違いです。さて、ちょうど年はじめです。ここは1つ、「素直になる」ということを、目標の1つとしてみてください。

ではでは。音声版で何度も聴いていただくと、より一層理解が深まりますので、ぜひ聴いておいてくださいね。

小澤竜太

小澤竜太

株式会社ディスカバリー・代表取締役。2011年にアフィリエイトを開始し、2013年より法人化。

アフィリエイト、メールマーケティングや、Webコンサルティングをメインに展開。また、『ディスカバリーアカデミー』というブログ・メルマガアフィリエイトでの稼ぎ方を教える教材を販売中。累計販売本数1,500本以上。累計獲得報酬2億円以上。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す