株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。

さて、僕は企業理念を『起業を当たり前の世の中にする』としているように、起業を圧倒的に推奨しております。

その想いについては、以下の動画でお話しております。

もちろん、この記事を見ているあなたにも、起業を推奨しています。

特に!昔僕と同じサラリーマンだったあなたに対して、強く「脱サラして起業したほうがいいよ」と、お伝えしたいです。

 

1,収入をコントロールできる

まずは、『収入をコントロールできるようになる』こと。

正直なところ、「今よりもお金を稼ぎたいから」起業を志す人も多いかと思います(笑)

僕もそうでしたよ。お金が欲しい。そして、そのお金を持って自由を手に入れたいって。
そう思って起業したわけですから。

そして実際に、サラリーマン時代をはるかに超える収入を手にするようになりました。
まあ、初年度は下回っていましたが(笑)

世の中には、お金を稼ぐことに対して否定的な意見をもつ人もいます。
でも、僕はお金が欲しくて起業するという欲求は健全な欲求だと考えます。

だって、現実問題お金を稼がないと生きていけないから。
お金を稼がないと、やりたい事もやれないから。

 

そして、お金を稼ぐ=人に貢献すること にもなります。
稼いだお金を人のために使うことが出来ますからね。
お金がなかったら、人のために使う余裕なんてありません。

 

だから、お金を稼ぐことは別に悪いことでもなんでもないです。
起業をしたら、しっかり稼ぎましょう。

 

2,家族との時間がとれるようになる

また、起業家のいいところは、家族との時間がしっかりとれるようになるということ。
おそらくほとんどの起業家は、初年度からしばらくは自宅が事務所みたいな扱いになるでしょう。なので、必然的に家族と接する時間が増えます。

また、時間も自分の好きなようにコントロールすることができるので、仕事したいときには仕事をする。

そして家族との時間を取りたいときは、家族との時間をしっかりと取る事ができるんです。これは、特に残業の多いサラリーマンでは絶対にできないことです。

 

ただし…少なくとも初年度は、そんな暇もないかもしれません(笑)

 

3,行きたい時に、行きたいところに行ける自由

この記事を書いているときは、ちょうどお盆の帰宅ラッシュです(2015年8月14日)。
サラリーマン時代はこのお盆に実家の帰宅するしかなかったのですが…まあ、混むわ高いわなんもいいことがない…。

1ヶ月前にはチケットを取っておかないと飛行機のチケットは絶対に取れないし、1ヶ月後のスケジュールなんてわかりゃしないから、下手にチケットを取ることも出来ない。

ということで、毎年新幹線になるのですが、当然新幹線も指定席は連日満席(グリーン車も含め)。自由席は3時間待ちという恐ろしい状況で、待っても座れる補償はどこにもない。

ということで、泣く泣く東京〜博多間の5時間半という道のりを、新幹線の通路でキャリーバッグに座って過ごすのです。

 

もーーーーーー、こんなん毎年が苦痛で、帰りたくなくなるわ!
しかも、どこも同じような混雑状況なので、下手に旅行にもいけんわ!
もう、お盆とか、ゴールデンウィークとか、お正月とか、うんざりじゃわーーー!!
って思っていました。うん、ほんと辛かったアレは…涙

 

でも今は…行きたい時に、行きたい場所に行くことが出来ます。

それこそ、起業してからは旅行するのはいつも平日に限ります。
休日は混むし高いしいいことはないので、お家でまったり仕事。
それが可能なのが、起業家のいいところですよね。

 

もう休日に出かけるのは嫌だわ!

 

4,家族に何かがあった時も、すぐに駆けつけることが出来る

これはつい最近あったことですが…急に奥さんが体調不良のため、入院することになったんですね(今はもう退院しています)。

その時に、すぐに駆けつけて付き添うことが出来たというのは、本当にアドバンテージだなって思いました。もしサラリーマンだったら…もちろん会社によっては認めてくれるところもあるでしょうけど、認めてくれない状況だったかもしれません。

 

やっぱり僕の中では、仕事以上に家族の存在は大切です。そこですぐに駆けつけることが出来るという強みは、起業ならではではないかと思います。

 

5,もうあの満員電車に乗らなくていい

はい、もうあれです、満員電車。都心部にお住まいの方なら誰しもが経験している、通勤ラッシュの満員電車です。

特に夏の時期は地獄ですよね…もう、二度と電車に乗りたくないインパクトを残してくれます。

でも、今は自宅兼事務所のため、通勤時間が0なんですよね。
また、出かけるときも通勤ラッシュを外して出発することも出来ます。

 

なので、あの地獄のような通勤ラッシュを味わう必要がありません。

 

6,あのクソ上司のいうことを聞かなくていい

僕は元々、激務で有名なシステムエンジニア(SE)でした。SEとは、すごく簡単にいえば、パソコンの便利屋さんみたいな感じですね。厳密に言えば違いますけど、分かりやすく言えば、です。

で、そこで3年間勤めていたんですが…新人時代の一度だけ、本当に嫌な上司とあたって辛い思いをした経験があります。

 

まあ、簡単にいえば僕が客先でやらかしてしまったんですよね。
客先で、あらかじめ作っておいた手順書外のエラーが出てしまって、あまりにも分からなくなってしまったんです。

そこで、会社勤務だった上司を呼び出さざるを得ない状況になったのですが…
その時に、「お前、もういらないから」という言葉を浴びせられ、しばらく立ち直れなかったんですね。まあ、当時はメンタル弱かったもので…(笑)

 

でも、以来その上司と仕事するどころか、一緒の空間に居るのが苦痛で仕方がなかったんですね。もう、あの一言は今でも覚えているくらいインパクトが有ります。

 

場所やシチュエーションすら覚えています(笑)

 

こんな感じで、上司に恵まれないとたとえ仕事が好きでも、そこで働くことが苦痛で仕方がなくなりますよね。多分、あなたも同じ思いしたことがあるのでは?

幸い別の上司に変わり、非常に良くしていただいたのでしばらくは大丈夫でしたが…。

 

でも、起業してしまえばもう、嫌な人と仕事する必要もないし、言うことを聞く必要もないんです。

誰と付き合うのも、誰の言うことを聞くのも、あなたが自由に決めることが出来ます。

 

7,自分の好きなスタイルで、好きなように好きな仕事をすることが出来る

会社ともなると、嫌な仕事でも我慢しながらやる必要が出てきます。

でも、起業ともなれば、自分の好きなスタイルで、好きなように好きな仕事をすることが出来るというメリットが有ります。

もちろん、家族を守るため、利益優先でやりたくないことを我慢してでもやらなければいけない時期もあります。でも、そこを過ぎてしまえば後は好きな仕事ばかりやっていけるという最大の利点があります。

 

現に今は、こんな感じで好きな様に仕事しています

…多分、道着来てビジネス談義している人ってそうそういないかと(笑)
これもまた、僕らがやりたくてやっていることなんですよねー。

 

8,お客さんを選ぶことが出来る

「え、お客さんを選ぶ…?!」

これ、以外かもしれませんね。でも、そうしたほうがビジネスはうまく回るんです。

ビジネスって結局は、『人付き合い』なんです。いくらすごい商品を販売していてるからといって、嫌いな人からは商品を買おうとは思わないですよね?

例えばあなたが今、新しい携帯電話に買い換えようと、販売店にいったとします。

その販売店の販売員が昔すげー嫌いだった同級生だったら、絶対にそこから買おうとは思わないですよね(笑)

 

逆もしかりで、営業マンであればわかると思いますが、「うわ、この人には売りたくないな」って思うような人って、居るじゃないですか。今後長い付き合いになるということで、やっぱりいいお客さんと長い付き合いをしたいって思うものなんです。

 

もし、そこで性格も合わないし趣味も合わないし、考え方も合わないような人に商品を売ってしまったら…今後、その方と付き合っていくのが苦痛になりますよね?

また、購入者としても…あわない人から買った商品をまともに使おうとは思えないんです。

 

結果的にお互いの不幸になるんです。だから、お客さんは選ばないといけません。
幸い、起業したとなれば自分の意志で、お客さんを選ぶことが可能です。購入を断ることも、出来るんです。

 

9,好きな人と仕事ができる

そして僕が何よりも起業をおすすめできる理由はここです。

 

好きな人と仕事ができる。

 

これが、僕が考える起業における最大最強のメリットなんじゃないかと思います。

サラリーマンとして65歳定年まで生きるとして…嫌な人間と一緒に何十年も一緒に仕事する・一緒の環境にいるって考えたら…それって不幸なことじゃないですか。

 

でも、起業したら嫌いな人間と一緒にいる必要がないんです。自分の好きな人と好きな仕事をすることが出来るんですよ。

だから、仕事の話になったらお互いからバンバンアイディアも出るし、好きな人間同士で開催するイベントだから、参加者さんも皆満足して帰っていくんですよね。

 

今、僕が好きなクライアントの『我妻政明さん』という方と共同開催している『ディスカバリー道場』は、満足度100%を誇っています。

 

今まで参加して、満足しなかった人は一人もいないくらいです。

 

これがもし、目先の利益を優先して嫌いな人間同士で仕事をしていたら、間違いなくお客様満足度も低かったでしょう。

 

好きな人と好きな仕事ができて、そしてお客様も喜んでいただける。
起業家として、こんなに嬉しいことはないですよね。正直、起業人生で今、一番楽しいんじゃないかって思えるくらいです♪

 

ただ…当たり前ですが、起業するとサラリーマンに比べて不利になる点もあります。

でも僕は、明らかに

 

脱サラして不利になる事 <<< 起業すること

 

だったから、起業したんです。

 

脱サラして不利になる点に関しては、また別の記事にて触れます。
両方を天秤にかけた上で、脱サラ起業するのか?それともそのままサラリーマンとして働くのか?両立させるのか?考えてみてくださいね。

 

一番重要なのは、「あなたがどうしたいのか?」です。

素敵な、起業ライフを!