株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。

さて、『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』を、本に書かれている通り2週間実践したけど…

その、肝心の結果発表と感想、これから実践する君たちへのアドバイスをさせていただこう!

※”シリコンバレー式自分を変える最強の食事”実践記まとめページは以下

まずは、最強の食事を実践した結果だ。




Contents

小澤竜太のステータス Before After

実践前(2016年1月28日 朝計測)

  • 体重:68.7Kg
  • 体脂肪率:22.3%
  • 内臓脂肪レベル:8
  • 骨格筋率:35.9%
  • 体年齢:34歳
  • 基礎代謝:1607kcal
  • BMI:23.8

実践後(2016年2月11日 朝5:30 計測)

  • 体重:66.25Kg(2.45Kg減)
  • 体脂肪率:21.1%(1.1%減)
  • 内臓脂肪レベル:7(1減)
  • 骨格筋率:36.8%(9%増)
  • 体年齢:32歳(2歳減)
  • 基礎代謝:1574kcal(33kcal減)
  • BMI:22.9(9減)

最強の食事実践の結果、2週間で2.45kgダイエットに成功!!

いやーーーーー、減ったなー!13日目にバッティングセンターに行ったものの、それ以外はほとんど運動してなかったんだよね。それでこの結果なので、かなりいい結果かと。

僕よりも体重が重い人が実践したら、もっと目を見張るほどの差がでると思う。そこまでめちゃ重いというわけではない僕でも、たった2週間の実践でこのくらいの結果が出たからね。

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』にも書いている、”30秒ダッシュ・90秒休憩 を15分間”運動をやっていれば、もっと結果は変わっていたかもしれない。でも、運動の推奨時間が13時くらいだからさ、そんな仕事のピークタイムに運動できねえよ(笑)

睡眠効率 Before After

実践中(2016年2月2日)
睡眠効率 | シリコンバレー式自分を変える最強の食事

実践前は測っていなかったので、測り初めの6日目(2月2日)のデータ。

実践後(2016年2月11日)

 

んーーーーーーーー分かりづらい!(笑)
ただ、グラフを見る限りは深い睡眠に入っている時間ががなくなったなーと思う。

体感としても、最強の食事を実践してから随分すっきり起きることが出来るようになった。そして、さんざんしゃべり通したりセミナーやり通しても、翌日に疲れが残らない。これは結構大きいね。

ということで、おそらく!最強の食事は、睡眠効率にもいい影響を及ぼしているものと、思われる。筆者の言う、『6時間半以上寝る理由はない』という言葉も、まあ納得する。

ただ、睡眠時間を削ることに”慣れている”状態かもしれないので、本当にこの効果がはっきりと分かるのは、もっと先の話だろうね。まあこれは経過観察。




最強の食事実践にかかった食費

あんね、『最強の食事』を実践するにあたってかかる食費が本当に半端じゃない涙
まず、実践前そろえた道具がそもそも高くて…

準備編 にも書いている通り、”48,749円”。実践前ね、実践前。しかも道具だよ

で、その後にかかった食費も諸々計算すると…

thumb_IMG_6835_1024 thumb_IMG_6937_1024

アボカド30玉:4188円
グラスフェッドラム:3,310円(送料等込)
グラスフェッドビーフ:3,078円(送料等込)
八百屋その1:770円
八百屋その2:1,350円
コストコ初回:約30,000円

えーっと、電卓叩いてみようか…

52,704円

さらに外食を食べたので、その分も合わせると…

■いきなりステーキ
ヒレステーキ300g:2,700円
ワイルドステーキ450g:1,600円

■タイムズスパ・レスタ
ビーフシチュー:1,250円
野菜せいろ御膳:1,200円
ほっけ:800円

■わたすカフェ
漢方和牛のハンバーグステーキ:1,200円

■中華料理食べ放題:4,000円

■デニーズ
和風ハンバーグ:648円
たっぷり野菜の薬膳風もつ鍋:1,198円

■AW55
ポークジンジャーソテー:1,350円

■City Bakery
リブロースステーキ:2,400円

■もうやんカレー
カレー食べ放題:1,050円

■コンビニ飯
約1,000円

さて、電卓叩いてみるか…

20,396円

 

んー、まあこっちは外食なので仕方がない…仕事柄外に出ることが多いので…にしても、飲み会ほとんどいってないのに結構かかったな。食事を選ぶとやっぱり高くなる。

で、合計額…2週間で

 

73,100円

もちろん、買い物した中に奥さんが食べたものも一部あるので、完全に正確じゃないところもあるけど、だいたいこんな感じ。2週間でこの食費だよ(笑)もちろん、まだ余っている食材もあるので正確に2週間でこのくらいというわけではないけど…

でも、多分1ヶ月継続したら食費10万円は超える。ちなみに一人分ね、これ
家族で実践なんてしようものなら、1ヶ月の食費はとんでもないことになる。一般サラリーマンの家庭なら、完全無欠どころか、完全家計破壊

なので、それなりに余裕がある起業家以外は正直『完全無欠レシピ』の実践はおすすめしない完全無欠コーヒーだけでも十分痩せることができるので、完全無欠コーヒーだけの実践にとどめておこう。
まあ、『完全無欠レシピ』も、余裕があればやってみてね!僕はんー、余裕はあるんだけど食費にこれだけかけるか?っていったら、ビジネスに回したいって思う(笑)

『最強の食事』を実践したマジな感想・本音をぶっちゃける

でね、実践後の僕の本音をここで思いっきりぶっちゃける。

外食マジ無理…食べられるもんねえ(涙

本書では、『穀物で育った肉(グレインフェッド)ではなく、完全牧草で育った肉(グラスフェッド)を食べろ』ということだが…グラスフェッドなビーフなんてどこにも置いてねえ!

しかも、ほとんどのお店のランチは、基本的に”ご飯”を食べることを前提に作られている。つまり、ご飯を食べないとぜんっぜん物足りないのだ。結局お腹が空いてしまう。

じゃあご飯を抜いてお肉だけのお店に行ったとしても、普通よりも食費がかかる。僕だけなら良い。しかし、お客さんがいる場合はお客さんにもその負担を強いることになる。これがマジで無理。

追記)大戸屋が、コスパ的にも味的にも最高だということが後日わかりました。が、それでも1,000円は超えます…

周囲に気を使わせすぎるんだよ!

ぶっちゃけ、周囲の人にも多大なる気を使わせることになる。

例えば、クライアントさんと食事ってことになった時に…「今日はここのお店で食事したいですねー、あ、小澤さんこのお店食べられるもの無いですよね…」ってなるわけだよ。

めーーーーっちゃ気を使わせるんだよこの食事法(笑)

なので、周囲が全員実践しているレベルでないと、多大なる気を使わせることになるだろう。

どこにパフォーマンス使ってんだよ!

そんな感じで、外食するのも一苦労。はっきりいって、外食の際はまともに食事できるお店を選ぶことに時間がかかってしまう

さらに、日々の食事を考えるのも作るのにも手間がかかる。食材を探すのにも手間がかかる

こんなところにパフォーマンス費やすためにやってるんじゃねえ!俺のパフォーマンスは全力で仕事に注ぎたいんだよ!

 

そして…この実践記を書くにもなにげに時間かかっている(笑)

実践記を書くことに相当のパフォーマンスを費やしたことは言うまでもない。だって僕、ブロガーみたいな記事書くこと苦手だし(涙

コンビニで食える飯などほぼ皆無
14日目の食事を見てもらったらわかるけど、本当にあんな感じになる。ほぼ全てのお弁当にはお米が入っているので、もうアレしかなかったんだよ…涙


また、添加物(毒)はもはや無視するしかない。コンビニ飯を喰らう=添加物を喰らう と言っても過言ではないほど、添加物がもりもりなんだよなー。

奥さんキレる

はあ?!何このレシピ?!作る身にもなってみろよゴルアアアア!!!

はあ?!何このレシピ?!作る身にもなってみろよゴルアアアア!!!

あんね、食事を別にしなきゃいけないわ、食費はバカにならないわで、奥さんがキレる

自分の料理はほぼ自分で作っていたので、そこまで負担を強いることはなかったけど…

でも、二人で違う食事を取ることになるし、バラバラに食べることにもなりかねないので…そりゃキレるよね。

 

いや、僕の奥さんは寛大だったので、キレるレベルまではいかなかった(内心はしらない(笑))。だけど、多分多くの奥様方はこの実践を見てキレることだろう。

なので、この実践には多大なる奥様の協力が必要だということを理解しよう。

推奨されている”グラスフェッドな肉”なんてどこに売ってんだよ!

グラスフェッドなお肉なんて、普通のスーパーには売ってないわけだよ。アメリカには普通に売っているのかな?すくなくとも、ここジャパンではほとんどのお店で扱っておりません。

一応調べてみたら、麻布のスーパーで売っているらしい。でも、僕は品川駅周辺に住んでいて、麻布にお肉を買いに行くなんてアホらしいわけだよ。それこそ、どこにパフォーマンス使ってんだって話で(笑)

で、グラスフェッドなお肉がオンラインで購入できるお店がないかなーっていろいろ調べていたんだけど…

まー、お肉だけで100g500円以上はするかというくらいの高級肉ばかり

完全無欠レシピ通りに行くと、1日500gくらいは消化するよ。お肉代だけで月30万円はふっとばすつもりですか?

一応、徹底的に調べたところ、比較的安いところはあった。後に続く人のためにもシェアしておく

ビーフではなく、グラスフェッドなラム肉ですが。

ここも、発送料が商品代と同じくらいかかってしまうので、実践の際はまとめて6kgくらい注文しておこう。冷凍なので、とても安心。そして何よりも、美味い。

完全放牧の卵高すぎんだよ(笑)

最強の食事で推奨されている、完全放牧鶏の卵というのがあるのだが…1パック700円って…しかも6個入りで。

完全無欠レシピ通りに作ってたら、6個入りの卵なんて2日で消化するわ!卵代だけで1ヶ月10,000円超えるべ(笑)

正直、いくらお金があっても卵代に1ヶ月10,000円以上をかけようって気にはなれない…(笑)

卵で安いところはなかなか見つからなかったし、さすがにまとめて一気に注文することも出来ないので…まあ、これは妥協したよ。

お米うめえwww

 

13日目に、『完全無欠タンパク質ファスティング』のために、一切のタンパク質を取らなかったんだよね。
で、炭水化物を取れる日なので、喜んで炭水化物(米)を喰ったわけだけど…

 

米うめえwwww

 

なに?米ってこんなに美味かったの?なんかね、感動したよ。お米が甘いの。
多分、今まで甘いモノを摂り過ぎていて、甘いものに対する感覚が麻痺していたと思う。

そして、この2週間一切の甘いモノを取らなかった影響か、お米が本当に甘く感じる。
逆に言えば、そりゃこんだけ甘いお米を毎日ガッツリ食べていたら太るよな…とも思えた。正直、それだけでも控える理由になる。お米はもはや、スイーツだ

最強の食事、食費どんだけかかるんだよ!!金持ち専用かよ!

-Thai temple of a hell and paradise- - 0077

さっき見てもらったと思うけど、食費かかりすぎ!
正直、一般の人に実践は不可能だと思う。パフォーマンスがあがったとしてもだよ、家計を考えるパフォーマンスに費やされることだろう。そのパフォーマンスを費やすなら、ビジネスに費やそう。お金も、ビジネスに投資しよう

ただ、カロリーを気にしなくて良いのは正直うれしい

 

本によればカロリー自体はいくらとっても構わない。要は、毒素のあるものを取らなければいいんだという主張。実際、腹いっぱい食べても全然太らなかったわけだし、言い分は正しいと思われる。

元々食べるのが好きなので、カロリー制限という名の食事の量を減らす方法って絶対に嫌だったのよね。だから、正直コレは嬉しかった。

『最強の食事』を実践して変わったこと

そして、最強の食事を実践して、明らかに変わったところも本当に多々あった。

砂糖いらね

でもバレンタインチョコは食べたい

でもバレンタインチョコは食べたい

あんだけ甘党、毎日スイーツ男子だった僕が、正直今はマジでスイーツ要らん。スイーツ欲が全く湧かなくなったなー。いや、そりゃお付き合いで食べることはあるだろうけど、でも自らハーゲンダッツとかを買うことはもうないかな。

ポテトチップス等の、甘くないお菓子も正直いらない。たまーにすっごく美味しいスイーツを堪能するくらいでいいかな。

明らかに体重が減った

息子「うおー、これで俺もダイエット出来るのか!」 パパ「いや、お前はもっと太ってくれ…」

息子「うおー、これで俺もダイエット出来るのか!」
パパ「いや、お前はもっと太ってくれ…」

結果を見ての通り、2週間で体重も2.45kg減り、体脂肪率も1.1%減った。

体も確かに軽いし、つかめる脂肪も減った。目標体重は62kgなのだが、まあこれはいずれ達成することとする。

※実践から4ヶ月後、体重は62kgを割りました。現在61.9kg。完全無欠コーヒーを飲んでいるだけで、食事には一切気を使っていません。お米もバクバク食べていますが、この結果です。

確かにパフォーマンスの向上がすごい

あと、確かに仕事のパフォーマンスの向上が凄いし、疲れやすい体もあまり疲れなくなってきた。
これは本当に素晴らしいことなのだが…さっきもいったけど、実践自体にパフォーマンスを奪われることにもなるので、どうなのかな(笑)この実践記も結構時間かかっているんだぜ!

 

仕事中も眠くならない

一日だけ炭水化物ガッツリとった日は、やっぱり眠くなった。炭水化物はこうも影響するのかと実感。

 

長い打ち合わせでも、集中力が切れなかった

ながーい打ち合わせだと、やっぱりどこかで集中力が切れてしまうもの。
だけど、4時間くらいやっても集中力が持続したのは非常に大きな成果かな。ええ、もともと集中力散漫な人間なもので(笑)

 

朝食が完全無欠コーヒーだけで良くなった(食欲をコントロールできるようになった)

それで十分なら俺も飲みたいにゃ

なんか、もうわざわざ朝食をとる理由もなくなったな。本当に、完全無欠コーヒーだけでいい感じ。
お腹もほとんどすかないし、空いても全然我慢できるレベル。いままで、よっぽど食欲をコントロールされていたんだなーって感じ。逆に、この2週間で食欲をコントロールできるようになった。

そりゃ、食欲にコントロールされていたら太るよな。

 

という、素晴らしい効果も多々あった。
パフォーマンスと集中力がアップしたのは、当初の狙い通り。だけど、まさか砂糖が要らなくなるとは思わなかった(笑)

だって、めちゃくちゃ好きだったんだもん。毎日取らないと気がすまないくらいに。それだけ、砂糖中毒になってたんだな。砂糖は麻薬、とはよく言ったものだ。でも、うまいもんはうまいので、完全に抜くかといったらまたそれは別の話。でも、以前より食べることはもうないかな。

今後、”最強の食事”で続けていくこと

 

で、今後もこの2週間プログラム通りに続けるか?と言ったら…正直言って、「続けたくない」(笑)

しかし、完全に辞めるわけでもない。「出来る範囲で続けていく」

じゃあ、その出来る範囲というのがどのへんかというと…

朝の完全無欠コーヒーは続ける

朝の完全無欠コーヒーはこれからも続けていく。やはりこれを飲むだけで朝の集中力が段違い。ぶっちゃけ投資効果としては抜群によい。なので、ここにはしっかりと力を入れていく。

炭水化物は適度に摂取する。食べても茶碗1杯くらい

thumb_IMG_7061_1024

外食は仕方ないにしても、家ごはんでお米を抜くのは結構難しい。
とはいえ、今までのように際限なくお米を食べるような食べ方はもうゼッタイにしない。抜く時は抜いて、食べる時は食べる。そして、食べる時も1日茶碗1杯程度に留めることとする。

奥さんがパスタやパン(小麦)を食べたい時は、僕も小麦を食べる

本には、小麦等の穀物類はできるだけ取らないようにと書いている。
でもやっぱり、家族が食べる食事がバラバラって、これあんまり良くない。

なので、奥さんがパスタとかパンなどの小麦系を食べたい時は、僕も食べる。自分のパフォーマンスよりも、家族円満が優先だよ。でも、基本的にはグルテンは避けたいところ。醤油もグルテンフリーを買って使うことにする。

奥さんがスイーツのお店に行きたい時は、スイーツを食べる

コレも小麦同様。

お肉は、グラスフェッドにこだわらない

グラスフェッドに完全にこだわらなくても十分に体重が落ちることが確認できたので、まあたまーの楽しみでいいかなって感じ。正直、毎日のように手が出るレベルのものじゃない。そしてお店ではまずお目にかかれない。

でも、ラム肉は美味しいので今後も食べていきたい(笑)

睡眠前のはちみつ+MCTオイルと、指圧マッサージは続ける

本には、睡眠前にはちみつ+MCTオイルを摂ると、より睡眠が深くなると書いている。

また、そこに指圧マッサージをつけるとさらに睡眠が深くなるとのこと。

これは実際に試してみて本当にそのとおりだったので、続けることとする。睡眠の質には今後もこだわっていきたい。さらに質を良くするために、オーダーメイドの枕も買おうかなあと検討中。

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』に記載されている食材やレシピがあまりにもアメリカ人向けなので、日本人向けでも出来る食材やレシピを探求する

本に書かれている栄養素を守ることと、毒素を取らないことを守ればいいわけなので、それを探せばいいわけだ。ここはもっと本を読み込んで、しっかり理解を深めてから食材やレシピを探求する必要がある。

日本人向けの本もいくつかあるので、そういった本も読み込んだ上で自分なりにアレンジしていこう。

もし新たにわかったことがあれば、本ブログに記すこととする。

 

要するに、

 

完全無欠コーヒー+低炭水化物

 

この組み合わせで行くって感じかな。

もう一度言うけど、いくらパフォーマンスがアップするからって『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』通りにずっとやっていたら、食事作る・取る に対してパフォーマンスを使いすぎてしまう。これ本末転倒でしょ(笑)

最後に、これから『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』を実践するつもりのあなたへ

最後に…この記事を見た上で、『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』を実践するつもりのあなたへ伝えたい事がある。それは、

『何のために取り組むのか、真剣に考えよう』

 

ってこと。そして、

本当にそれが目的なのか?
そのために取り組むべきは本当に『最強の食事』なのか?もう一度考えて欲しい。

僕は、この目的意識がはっきりしていたからこそ2週間しっかり続けることが出来た。

でも、この目的意識が弱かったとしたら…単に痩せることを目的にしていたら…まず間違いなく、ありとあらゆる誘惑に負けていただろう。

 

例えばダイエットしたいなら、

『あなたは何のためにダイエットしたいのか?』

ということ。理由はなんでも良い。でも、あなたがそれを解決しないともうどうにもできない!どうしようもない!ということだったら、2週間も軽々乗り越えることが出来る。

でも、この目的意識が「ただなんとなく」とか、「ちょっとやってみよう」レベルだったら…お金と時間と労力の無駄なので、今すぐ実践を辞めたほうが良い。

どうせ出来ないから。理由は以下の記事に書いているので、是非見て欲しい。

まじで、この実践にはそのくらいの意志力がいる。そっちにパフォーマンスを持っていかれるくらいに(笑)

例えばあなたが、これから起業を志す人間ならば…本当に『最強の食事』の実践に時間を取られてもいいのか?本気で考えて欲しい。それでも実践する価値があるのなら、それだけの理由があるのなら、本気で取り組めばいい。

 

ただ、パフォーマンスを上げるという意味で言えば、

  • グラスフェッドバター
  • MCTオイル
  • コーヒー

つまり、『完全無欠コーヒー』は相当なパフォーマンス向上に役立ってくれる。

MCTオイルも、サラダ等にかけて食べればかなり脳のパフォーマンスがアップする。

なので、軽く実践したいってことであればこの3つを揃えて実践してみると良い。多分、それだけでも相当変わる。

ということで、『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』2週間プログラムの実践記はこれにて終了。もし、面白かったらシェアしていただけると嬉しいです♪

 

PS

1つ、実践にあたってミスったことがある。それは…『寝る前のはちみつ』について。

実は、「寝る前にはちみつを取ると、睡眠が深くなる」と書いていたので、はちみつを取っていたのだが…実はコレ、MCTオイルも同時に取らなければいけないことに今しがた気がついた(笑)

MCTオイルも同時に取ることで、脂肪燃焼モードにとどまるのに十分なケトン体を生成するとのこと。ここ、ミスったなー、読み込みが足りず、はちみつだけを取っていた…。

なので、今後はMCTオイルも同時に取ることで、太らずさらなる深い眠りにいざなわれることにしよう。もしかしたら、これで睡眠効率は格段にアップするかもしれない。それまはた後日…。