今朝、Lenovo使いの奥様からこんなニュースが
⇒ 【速報】LenovoのノートPC(一部)にSSL通信を全て傍受し暗号を解除するアドウェアが含まれていた事が判明!!

 

Lenovo製のPCを使っている方に対して、

『Superfish』というソフトが悪さをしているというニュース。

 

なんか可愛らしい魚のような名前ですが、実態は全然可愛くないスパムソフトなのだ!!

 

つまりコレがどんな問題かというと、具体的には

・検索の際、Superfishの広告が埋め込まれる
・色々データ抜き取られる

 

等のこわーい事が。

※もっと詳しいことや、専門的なことを知りたいという方は、『Superfish』とググればたくさん出てくるので、そちらで調べてみてくださいね。僕は専門家ではないので!

 
しかも会社のPCの一台がまさにLenovoなので、かなり焦りました。

幸い、ウチのPCには入っておりませんでした。ふうー。

で、対策のためにいろいろ調べたので、それも含めてシェアしますね。

 

Superfishが入っているか?入っていないかを調べる方法

で、入っているか入っていないかを調べるためには、以下のサイトにアクセスしてみてください。
⇒ Superfish CA test(あなたのPCにSuperfishが入っていないかを確認するサイト)

 

 

で、画像のように表示されていれば、とりあえずは大丈夫。

Superfishが入っているかどうかを調べる

 

コレ以外の表示であれば、疑ってもいいかもしれません。
ちなみに、最初からSuperfishがインストールされている疑いのある機種は以下

Superfishが最初からインストールされている疑いのある機種一覧

G Series: G410, G510, G710, G40-70, G50-70, G40-30, G50-30, G40-45, G50-45
U Series: U330P, U430P, U330Touch, U430Touch, U530Touch
Y Series: Y430P, Y40-70, Y50-70
Z Series: Z40-75, Z50-75, Z40-70, Z50-70
S Series: S310, S410, S40-70, S415, S415Touch, S20-30, S20-30Touch
Flex Series: Flex2 14D, Flex2 15D, Flex2 14, Flex2 15, Flex2 14(BTM), Flex2 15(BTM), Flex 10
MIIX Series: MIIX2-8, MIIX2-10, MIIX2-11
YOGA Series: YOGA2Pro-13, YOGA2-13, YOGA2-11BTM, YOGA2-11HSW
E Series: E10-30

コレに当てはまらない方も一応調べておいたほうが吉。

 

もし、Superfishがあなたのパソコンから見つかったら…

以下に対策をまとめました。色々ブログ調べたんですが、全部わかりにくい(笑)

 

相変わらずこうした対策法って、専門家チックな言い回ししかなくて、

必ずやらなきゃな対策なのにわかりづらい…。なので、比較的分かりやすく対策をまとめました。

 

もし不足がございましたら、ご指摘いただければ幸いですm_ _m

1,Windowsスタートメニューよりコントロールパネルをクリックし、そこから『プログラムと機能』を開く

プログラムと機能(Windows8)

 

2,右上の検索窓でSuperfishと検索する。すると、Superfishが出てくるので、アンインストールする

Superfishアンインストール もしsuperfishが見つかったら…

 

 

3,Windowsスタートメニューの検索窓より、証明書 と検索する。そして、 を選択する

superfish証明書検索

 

4,【証明されたルート証明機関】⇒【証明書】と移動し、Superfishを削除する

証明書fish探し superfish証明書削除

 

以上です。対策しないと色々面倒なことになりそうなので、早急に対策したほうが吉ですー。