京都・伊勢神宮の旅行から、帰ってきました。

その様子(京都)

その様子(伊勢神宮)

いやあ、素晴らしい景色、そして場所でしたね。

5日は本当にいい天気でした。

綺麗な桜がたくさん取れました!
清水寺も本当に綺麗でした。

夜の京都も、本当に素敵でした。

なんというか、日本人であることを再認識させられ、
そして日本人でよかったなと思える土地ですね!
また京都に行きたいです^^

そして京都を後にし、そこから伊勢神宮へ
2時間10分かけて向かいました。

山の中という事で、写真を見ても分かる通りなんとも不安定な天気でした(笑)

でも、さすがに神聖な場所でしたね。
他の神社とはまた雰囲気が全く違いました。

ものすごい人でしたけどね(笑)
そして、周囲の銀行も純和風でびっくりしました。
おみくじつき銀行って(笑)

また来年、しっかり結果を出してお礼を言いにきます。

こういった神社って、必ず”自分の願い”を言いますよね?
しかも、相当明確な願いを、です。

その願いって、飾りっけのない
”丸裸の願い”なんですよね。

ほら、流れ星に願いを言うときも、
かなり明確に願おうとしますよね?

七夕の短冊もそうです。
神社の絵馬に書くときもそう。

普通に「どんな理由でアフィリエイトしているんですか?」って聞くと、

「世界一周旅行したいです〜」
「豊かな生活がしたいです〜」
「世界を救いたい!」
「貧困の人のために!!」

ん〜、そういう表面的な、うすっぺらーい願いを言う人がほとんどです。それ、本当に思ってないでしょ?

うん、すげー分かるんですそれ。
最初は、いわゆる「きれいごと」のような
願いを言おうとするんです。

やっぱりどこかで、人にいい風に
見られたいって欲がありますから、
そういった願いがでるのも仕方がありません。

でも、ぶっちゃけそれでは人に
気持ちは通じませんし、何よりも
本当の願い出ない限り、絶対に継続できません。

何度言い聞かせようと、自分に嘘ついてたら
そりゃあー続かんです(笑)

でも、こういった神社のお参り等で
願う願いって、そういった「きれいごと」
ではなく、本当に”素の願い”が出る事が多い。

そして、そういった願いはさらけ出していいんです。
だって、それが本当に叶えたい願いじゃないですか。

本当に叶えたい願いに従って動いた方が、
体は動くに決まっています。

例えば○○さんが”お肉”が嫌いで、
皆でどこかに食べに行くとして・・・

皆は、「お肉食べたい!焼き肉食べに行こう!」
と言ったとします。

でも、○○さんはお肉が嫌いです。
本当は野菜やお魚が食べたいんです。

でも、皆が「お肉が食べたい!」と
言っているから自分も「お肉が食べたい」
と言ったとします。

・・・・この状況って、○○さんにとって
めちゃくちゃ苦しい状況じゃないですか?

食べたくもない物を、周囲とあわせようと
「お肉が食べたい」って・・・

100%嫌になり、そしていずれは
そのグループから抜けたくなるでしょう。

まさに、嘘の願いを言っているのと
全く同じ状況!

だから、本当の願いを言わなければならないんです。
「お野菜とお魚が食べたい!!」と!

そしたら、皆納得して
「じゃあ野菜と魚でいーよー」となるかもしれません。

「お肉と野菜と魚が食べれるところにしよう!」
ってなるかもしれません。

でも、言わなければ自分の望まない方向に
進んでしまいます。

コレをさけるためにも、絶対に
自分に嘘をつかない”素の願い”を言いましょう。

そしてそのためにも、こうして
神社等で”願う”というのは本当に大事だなと
痛感する瞬間ですね^^

ちなみに・・・・
僕はマヨネーズが死ぬほど大嫌いです。
この世から消えて欲しいと思うくらいに(笑)

だから、それを知っている人は
絶対に僕にマヨネーズを近づけようとしません。
これも、願いを明確に言ったからですね(笑)