※2011年4月に書いたこの記事にやたらとアクセスが集まっていると思ったら…

123directに関する検索が多かったみたいですね。そちらに関する記事は

⇒ directlink.jpが開かない・使えない件に関して

に記載しておりますので、よろしければ見て下さいね^^

今回の出来事って、無料オファーの一つの未来を示していると思います(悪い意味で)。

 

※123directに代表される、無料オファーに左右されないアフィリエイトを知りたい方は、僕のメルマガに登録して下さい

⇒ 小澤竜太のメルマガ登録はこちらから

 

それでは本編をどうぞ!

 

皆さん、短縮URLを使っていますか???まさかそのまま使っているなんてことないでしょうね((((´・ω・`))))カクカクフルフル

 

 

 

例えばこんなURLとか

http://www.infotop.jp/click.php?aid=000000&iid=000000

あとこんなURLとか

http://directlink.jp/tracking/af/000000/aabbff/

 

まさかそのまま使っているなんてこと、ないですよね??

それやってると、結構ビジネスチャンス逃していることになりかねませんよー。

 

短縮URLを使わないとどうなる??

まず、上の2つのURL・・・・怪しいです(笑)

だって一目でどこへのリンクかがわかってしまいましからね(´ω`;)ゞアセアセ

 

http://www.infotop.jp/click.php?aid=000000&iid=000000

⇒URLにもろ”infotop”って書いている

残念ながら昨今、Twitterなどの普及により、これをそのまま貼りつける輩が多数いるために、すでに一般的にもinfotopと入ったURLの行き先がどのようなものか、認知されるようになっています。

つまり、このURLを見た瞬間、一般の人はクリックすらしないということです。

 

http://directlink.jp/tracking/af/000000/aabbff/

⇒URLに”123direct”と入っている

これも有名な、123direct系のURLです。

無料オファー系のASPほとんどが、この123directを使っています。

これもinfotop系URLと同様、一般人に既に認知されています。

 

 

このように、もう一般人はアフィリエイトという概念は知らずとも、このURLがどっか怪しいサイト(本当は怪しくなくてもそう思われている)へつながっているということを既に認識しているのです。

 

 

また、上のURLはだらだらと長いです。

見るほうもだらだら長いURLはみっともないですし、文字数制限があるようなものはかなりの障害につながりますよね。

 

だからこそ、短縮URLを使うことが現在は推奨されています。

私的には、推奨どころか絶対だと思っています。

 

ちなみに、短縮URLを使うと、上のURLはこのようになります。

http://bit.ly/fjSCNa

 

ね、短いし、怪しい文字も消えたでしょ?

 

短縮URLサイト一覧

では、2011年4月現在稼働している短縮URLのサイトをご紹介します。

全部無料で使えます^^

最も有名な短縮URLサイトの一つですね。

ほとんどの人が使っているサイトでもあります。

 

これも、最も有名なサイトの一つ。

有名すぎて認知され過ぎています(´ω`;)ゞアセアセ

 

便利な短縮URLサイト。

作成後、自分のメールアカウントにメールを送ることができるので、うっかりURLを忘れた時も、メールを見返すことができます。

また、小機能ながらアクセス解析機能もあります。

 

  • 1cc.jp

これも有名な短縮URLサイト。

でも、短縮されたURLをクリックすると、間に広告が挟まってかなりうざいです。

 

  • URL転送サービス

自分でURLを決めれるサイト。

http://fw.iclub.to/ID/

↑IDの部分が、自分で決めることのできる部分。

しかし、かなり使いづらいですーー;

 

こんなところかなー。

本当はもっとあったんだけど、ほとんど潰れていました^^;

 

無料短縮URLの危険性

さて、5つの無料短縮URLサイトをご紹介しましたが、これらを使い続けるのは実は結構危険なんです。

 

いつサイトが閉鎖するかわからない

無料がゆえにという感じですが・・・・

無料系の短縮URLサイトって、本当にあっけなく閉鎖します。

私も半年前によく使っていたサイトを久々に見たのですが、見事に閉鎖していました(笑)

 

 

閉鎖すると、もちろん短縮URLも使えなくなります。

今までどっかで使っていた短縮URLも閉鎖した瞬間リンク切れです。

 

まあ、無料で使わせてやってんだから文句いうなというところでしょうか(´ω`;)ゞアセアセ

 

いくら短縮してももうばればれ

もはや有名になりすぎている短縮URLサイト。

特にbit.lyや、tinyURLなんかが顕著ですね。

 

そして使っている人のほとんどが、アフィリエイターという事実。

それがゆえ、もう短縮しようがリンク先が怪しいサイトであると認知されてしまっているのです。

 

そして短縮URLは、何か短縮URLってわかりやすいです。

基本的に、

http://サイトのURL/よくわからん記号/

で構成されているので、見慣れた人はどんなサイト使おうが短縮URLって分かってしまいます。

 

有効期限がある

なんと、無料の短縮URLは、有効期限が設けられています。

その期間はサイトによってまちまちなのですが、大体3か月~6カ月。

 

その期間が過ぎると、もちろんリンク切れを起こします。

商売あがったりです(笑)

 

 

だから、私は無料の短縮URLサイトは推奨しません。

最初はいいかもしれませんが、アフィリエイトを本格的に進めるにあたって、これらのデメリットは、かなりの障害になってきます。

 

有料の短縮URLを推奨する訳

上記のデメリットから、私は有料の短縮URLを推奨します。

では、有料の短縮URLを使うことでどんなメリットがあるのか?

サーバ設置型なので、サイト閉鎖におびえる必要がない

サーバ設置型なので、サイト閉鎖はありえません。

あなたがレンタルサーバを解約でもしない限り、半永久的に使用することができます。

 

もちろん、有効期限なんかもありません。

 

 

 

独自のURLで短縮URLが持てる

何と言ってもこれが大きいですね。

誰にも真似されることのない、あなただけの独自URLを持つことができます。

例えばあなたが

http://netbusiness000.jp/

 

というドメインを持っていた場合、

http://netbusiness000.jp/access/

 

 

というようなURLを発行することができます。

他で見たことのないURLなので、一般の人の警戒心もかなり薄れます。

 

 

 

高機能のアクセス解析が付いている

有料ならではの機能ですね。

たいていの有料短縮URLツールには、高機能のアクセス解析がついています。

短縮URLごとに、アクセスを解析することが可能なので、i2iアクセス解析や、GoogleAnalyticsなどのアクセス解析よりも、もっともっと細かく、一つ一つのURL単位でアクセスを解析することができるようになります。

 

よって、かなり細かい分析が可能になりますね。

ブログはもちろんのこと、メルマガにおいてもこの機能は必須です。

ブログであれば、どこからのアクセスが一番多いかを分析することで、一番見てほしい記事を、アクセスが多い場所に配置するという戦略を取ることができます。

 

 

メルマガにおいても、クリック数の多い場所、リンクを分析することで、そのリンクを継続してメルマガに配置するなり、場所を変えてみてクリック率が上がるか、などの分析が可能になります。

 

 

私も、ブログの各所にこの短縮URLをしかけています^^

例えばメニューバーとか、サイドバーとかね^^

 

その辺のクリック率に基づいて、きちんと戦略を立てて各パーツを配置しています。