株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。

 

日々、記事は更新できていますか?ブログの記事や、メルマガ配信等…。

もしあなたが、

「始めようと思っているんだけど、このテーマで記事が続くのか?心配で…」

ということであれば、今日お伝えすることはかなりお役に立てるのではないかな?と思います。

最初からすべてを固めようとするから、ますます動けなくなる…スタートはアバウトでOK。どうせ変わるから。

「始めようと思っているんだけど、このテーマで記事が続くのか?心配で…」

と考えている人を見ていると、どうも「ガッチリ固まらないと先に進めない」人が多いなあというのが印象です。

もちろん、最初から書く記事を計画して、その通りに進めるのが理想です。

が…所詮、理想は理想。理想通りに行くことはまあ、ほぼないです。

最初から最後まで理想通りに行ったこと、僕は0です。

必ず、想定外のことが起こります。

 

例えばブログ・メルマガで言えば

「書いている内に、ブログ・メルマガのテーマもターゲットも変わる可能性がある」

ってことは、毎回起こります。

 

現に…今僕が絶賛運営している「子連れお出かけブログ」ですが…

当初は、単なる「都内おでかけスポット紹介ブログ」でした。

 

でも、書いていく内に…

「あれ、子連れ系の記事が多いな…だったら、いっその事特化させたほうが書きやすいな」

と思い、「子連れお出かけ」に特化したブログが出来上がりました。

ウダウダはもういいから、早くやろうぜ

これまでの経験上すべてそうなのですが…

一度走らせてみたときに、テーマやターゲットが変わる、なんて毎度のことです。

結局は「一度走らせてみないと分からない」わけです。

 

だから、僕はいつも伝えているんです。

「ウダウダはもういいから、早くやろうよ」

と。

 

言葉汚くて大変申し訳ありません。

が、大切なことなので、強く言わせて頂きます。

悩んでいる時間がもったいないです。

悩んでいるくらいなら一つでも多く記事を書く。

 

どうせ変わることに関して、時間かけまくったって意味がありません。

ますます、ドツボにはまり動けなくなるだけです。

あなたは…そうなってませんか?

悩んでいる時間は何も生み出さないどころかマイナスだが、動いたら一ミリでもプラスになる。

悩んでいる時間は何も生み出さないどころか、マイナス方面一直線ですが…

記事を書けば、何かしらを生み出してくれます。一ミリでも、プラス方面に進むことが出来ます。

 

そして…

「毎日書く」という決意さえすれば、後はネタが勝手に出てきます。

「なんで、毎日書くという決意をするだけで、ネタが勝手に出てくるのでしょうか?」

と思ったでしょうが…実際そうなんです。

「毎日書く」という決意をすれば、毎日書くために、常に脳みそが

「ネタ探し」

してくれるようになります。なんだろう…「アンテナが立つ」ってイメージですね。

本当に些細な事でも「あ、これネタになるかもしれない!」って思えるようになります。

 

例えば最近あったのは…「鼻がムズムズして止まらない」ことですかね。

いつもであれば「ああ、うざいなあ…いちいち花粉なんかに反応すんなよ。鼻水の機能なんてストップすればいいのに(イライラ」

とか思うところですが…

今は、

「あ、これ治す方法見つけたら…完全にブログのネタになるやん!」

という思考になりました。

ということで、今実験中なんです。うまく行ったらブログとかメルマガで、記事ネタとして書こうかと思います。

 

ほんとね、なんでもネタになるな!って思えるようになりますよ。

言葉を変えれば…「毎日書く以上、なんでもネタにする!くらいの気持ちがないと続かない」

ってことです。

だから…あなたがやることは、

  • 「テーマ・ターゲットをそこそこ決めたら…とりあえずは書き始めてみる!」
  • 「毎日更新する決意をする」

ってことです。

これだけで、記事を書けるようになります。ぜひ、やってみてください。

自動更新ツールなんかに頼ったら、ますますドツボにはまるだけ。

間違っても…記事ネタが出ないからと「記事自動更新ツール」などというツールには手を出さぬよう。

ああいったツールは、自分で記事をしっかりけてこそ活用できるものであり、記事がかけない人が活用できるはずもありません。

「ツールに使われる」のがオチなので、今は粛々と記事を更新し、力をつけましょう。

PS:決意できないということであれば、お金を払ってでも強制力を買おう

ちなみに…

「決意といっても、なかなか決意できない…」

ということであれば、お金を払ってでも誰かのもとに学びに行きましょう。

そこで、「強制力」をもらうんです。

  • お金を払ったことによる強制力
  • 指導して貰う人からの強制力。

この2つの強制力は結構強力ですよ。

現に、今個別指導受講中の人の9割が、「記事を書くこと」の習慣化に成功しています。

元々から出来ていたわけではなく…

  • 「一度は、続かなくでどうしようか…」
  • 「何を書いていいのやらさっぱり…」

という方がほとんどです。

それでも続いているのは、ひとえに「強制力」のたまもの、ですね。