株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。

実は最近、『完全無欠ダイエット』というものに挑戦しました。その結果、68.7Kgあった体重が4ヶ月ほどで62.5Kgに落ちました。本当にびっくりというかなんというか…。

その様子や実践記はこちらの記事に書いています。

上記は2週間の記録ですが、わずか2週間でこれだけのダイエット結果を残しています。

 

『完全無欠ダイエット』は、こちらの『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』という本を見て実践しました。

 

でね、僕がこの『完全無欠ダイエット』を始めたのには実は理由があります。それは…「完全無欠ダイエットをすることで、仕事のパフォーマンスが上がるから」ってところ。

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』の表紙には、こんなことが書かれていました。

 

「毎日0.5kg痩せて、パフォーマンスが最大化する!」

 

そう、僕が惹かれたのは実は”毎日0.5kg痩せて”って部分ではなく、”パフォーマンスが最大化する”って部分。痩せた結果、何が得られるのか?の部分に興味が出たんです。

 

だから正直、僕にとってダイエットは副産物以外の何物でもなかったんです(笑)
でも、実践した結果、本当に痩せた。正直、びっくりするくらいに。

 

でね、この経験から僕は「ダイエットを継続できない人の特徴」がよーく分かったので、この記事でシェアしますね。

 

ダイエットを継続できない人は、その動機が「痩せたいから!」だから

 

ぶっちゃけ答えは一つだと思います。ダイエットを継続できない人は、「痩せたい!という動機でやろうとしているから」だと。

これってビジネスで言えば、「稼ぎたいからビジネスします!」に似ているんですよね。こういう人でビジネスが続いた人、残念ながら見たことがありません。

なんで「痩せたいから!」でダイエットが続かないかっていうと…「痩せた結果どうなりたいのか?」という未来が自分の中で明確になっていないからなんです。

 

痩せた結果、どうなる?
⇒ 誰もが羨むくらい美しくなりたい
⇒ 痩せて友達を見返したい
⇒ 痩せて彼氏を作りたい
⇒ こないだ健康診断で「これ以上太ると命にかかわるよ」と言われたので、すぐに痩せないといけない!

 

等…この動機が強烈であればあるほど、継続できる可能性も高まりますよね。

 

でも、人間って怠惰な生き物なんですよ(笑)

だから、ちょっとつらいと「今すぐやらなくてもいいし…」ってすぐに諦めることになる。でも、「1ヶ月後に10kg痩せなかったら死にます」ってなったら、必死になってダイエットに取り組みますよね。そういうことです。

結局、続かない人は「やっぱ痩せなくてもいいや」って心の何処かで思ってしまっているんです。

 

僕も、『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』を実践する際に、「仕事のパフォーマンスを高めたい!」って強烈に思っていたんです。というのも、子供が産まれてから物理的に仕事に費やせる時間が短くなったから。だから、”短い時間でも圧倒的仕事パフォーマンスを出せるようになりたい!”という強烈な願望がありました。

仕事もしたいし、子どもとの時間も取りたいですからね。

だからこそ、あんなに過酷な(涙)完全無欠ダイエットを実践し、今も継続することができています。このあたりの”何でダイエットしたいのか?”が弱いから、なかなか継続することが出来ないんです。

 

ここで改めて聞きます。

 

「あなたはそもそも、なんでダイエットしたいの?何で痩せたいって思っているの?」

 

ということ。コレを明確にすれば、僕はダイエットにかぎらずなんだって成功できると思いますよ。逆に、ここが明確じゃなかったら何やったって続かないし、失敗します。

 

あなたはどうですか?