QY8というBluetoothイヤホンを買った結果…ビジネス音声が外出先でより聴きやすくなりました!

株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。
最近、外で作業するときや、移動中にイヤホンを突っ込んでビジネス系の音声を聴くことが多いです。ただ、普通のイヤホンだと結構じゃまになることが多くてですね…

特に移動中とか。なんかの拍子にどこかに引っかかって、スポンってイヤホンが抜けることが多かったんですよ。

で、もう一回突っ込んでみたらもう音声が良く分からないところに飛んでいて、「あーーーーもう、ちょっと戻らんといかんやんけ!」ってイライラしながら聴いていたんです。

そこで…無線(Bluetooth)でビジネス音声聴けるように出来ないかなー、それでいて音楽は聞かないので音質悪くてもいいから、安いのないかなーって、ビッグカメラとかを探したんですが…

店で売っているBluetoothイヤホンって、どれもこれも高いんですよねー。最低5,000円以上、高いものだと20,000円とか…いやいや、そんな高価なもの求めてないし…。僕がBluetoothイヤホンに求めていたのは、以下なんです。

  • 耳から外れにくい
  • 持ち運びが便利
  • イヤホン単体で使える(何かに接続する式のBluetoothイヤホンは嫌だった)
  • 充電がそれなりに持つ
  • 低価格(5,000円以下)

値段が高いBluetoothイヤホンは、音質にこだわっているのかもしれないですが…ビジネス音声聴くのに音質なんていらないし…そもそも僕、音楽聴かないし…。5,000円くらいでも十分低価格とは思うのですが、だったら普通のイヤホンは1,000円以下で売ってるよって話だし…なんともわがままな(笑)

で、店舗には条件を満たすBluetoothイヤホンがなさそうだったので、Amazonで探していたらついに見つけたBluetoothイヤホンがあります。それが、QY8というBluetoothイヤホン。

「おお、値段もお手頃だし求めているものが全てそろっていそうだ」。早速Amazonで注文してみる。ポチっとな。

 

Bluetoothイヤホン・QY8到着〜開封まで

翌日、来ました。結構頑丈に梱包されていて安心ですな。

これが、QY8の内容物。

コレがイヤホンの本体。結構ゴツいですね。

耳に入れてみる。こんな感じで意外とすっきり。これでもゴテゴテに感じる人はいるかもしれませんが、僕はすっきり感じました。

で、この”QCY”と書いている部分を長押しすると、イヤホンから「Power On」と女性の声が聞こえます。最初はびっくりするかもしれません(笑)で、パワーオンの状態になったところで、接続したい媒体を開きます。僕の場合はiPhoneを。

 

で、iPhoneの【設定】-【Bluetooth】を選ぶと上記の画面になります。すると、QY8と書かれているかと思いますので、そちらをクリックしてください。すると、イヤホンから「Can I Catch」と聞こえると思いますので、これで接続完了。後はイヤホンで音声を聴くのみです。

モノによっては、「Power ON」が聴こえた後も押し続けたときの「ペアリング」が聴こえないとつながらないものもあるので、色々試してみてください。Macだと、「ペアリング」が聴こえないとつながらないみたいです。

QY8をMacにつなげるためには、長押しして「ペアリング」が聴こえた後に、【Bluetooth環境設定】を開き、”QY8″の隣りにある”ペアリング”というボタンを押すだけです。すると、「Can I Catch」と聞こえてきますので、ゼツ族完了です。

実際に、Bluetoothイヤホン・QY8を使ってみた感想

実際に、QY8を使ってみた感想なんですが、正直かなりいいです。音楽等の音質にこだわる方なのであれば、多分物足りないのではないかなと思いますが、僕のそもそもの用途は外出先でビジネス音声を聴くことなので、そもそも音質は求めていません。要は、

  • 耳から外れにくい
  • 持ち運びが便利
  • イヤホン単体で使える(何かに接続する式のBluetoothイヤホンは嫌だった)
  • 充電がそれなりに持つ
  • 低価格

が満たされていればOKだったんです。それらが全て満たされていたのが、QY8だったってことです。なので、僕的には最大限満足です。

今のところ、使っていて耳から外れたことはないし、どこかに引っ掛けたこともありません(最高ッ!!!)。

結構耳の穴への密着があるので、かなーり落ちにくいですね。ランニングしている人でも結構使えるのではないでしょうか。

また、小さいので持ち運びも便利。充電も、最大5時間は持つそうです。値段も3,000円くらい。もう、僕的には言うことなしのイヤホンでした。

ということで、Bluetoothイヤホン・QY8はかなりおすすめしますよ。

 

Amazonプライムに入会しておくと、QY8は翌日届きます

ちなみに、Amazonプライムに加入しておくと、QY8を始め様々な商品が注文してから催促当日〜遅くとも翌日に届きます。しかも無料で(通常、300円くらいかかります)。コレ超便利なので、僕はプライム会員になっております。

また、動画や音楽も見放題聴き放題で年間3,900円はめちゃめちゃやすいと思います。なので、入っておいて損は絶対に無いです。少なくとも僕は得しかしていません(笑)

 

特にビジネスシーンになると、「直近で必要な物があるんだけど、買いに行く時間もない!どうしよう!」って事多いですよね。

過去の事例では、プリンターの紙やインク・プロジェクターの端子がそうでした。翌々日がセミナーだったので、慌てて注文して間に合った経緯があります。なので、あの時ほどAmazonプライム会員になっておいてよかったって思ったことはないです。

そうした意味でも、Amazonプライム会員には入っておくことをオススメいたします。詳細はページにてご確認ください。以下の画像をクリックすると、Amazonプライム会員の詳細を確認できます↓

小澤竜太

小澤竜太株式会社ディスカバリー・代表取締役

投稿者プロフィール

主にメルマガマーケティングやメルマガ到達率に関する知識が豊富で、そして多数のクライアント様も抱える人気コンサルタントでもある。

”起業を当たり前の世の中に”をモットーとして、起業家育成に力を入れている。

その一環として、ディスカバリーメール事業にも取り組み、メルマガのプロとしてクライアント様の情報発信による成果向上をお手伝いしている。

メルマガの知識やメルマガ配信システムをご提供する事で売り上げをアップしていただきお客様に笑顔になっていただく事はもちろんの事、当サイトでご提案させていただくメルマガの知識やメルマガ配信システムを使って配信されたメルマガを受け取った読者様も笑顔になっていただけるようなご提案をさせていただきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

月5万円〜10万円稼ぐメール講座の登録はこちら

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

管理者プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

氏名:株式会社ディスカバリー代表:小澤竜太(長澤悠太)

出身地:福岡県

現住所:東京都港区

メールマガジンを使ったマーケティングにて、創業初年度から7000万円以上の売り上げを上げる。クライアントにもメールマーケティングの方法を提案し、売り上げをアップさせたメルマガマーケティングのプロ。

ビジネス経験の無いクライアントさんを、ネット(主にメールマーケティング)を利用して0資金で成功へ導いて来た経験も多数あり。

また、自身が販売した商材でもある”アフィリエイトディスカバリー”においても売り上げ累計7,000万円・累計販売本数6,000本突破。

小澤竜太のプロフィールと、本ブログであなたに提供したいこと

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら


情報商材 ブログランキングへ

株式会社ディスカバリー販売商品

高到達率・高機能のメルマガ配信システム

2014年度インフォトップ殿堂入り!

アフィリエイトディスカバリーが、2014年度インフォトップ殿堂入りを果たしました!

・販売から1年以上経過
・継続してから一定以上の売り上げ
・売上総額上位
・売上本数上位
・購入者のサポート対応

といった条件をクリアし、殿堂入りしました。

⇒ アフィリエイトディスカバリー・インフォトップ2014年度殿堂入りの詳細はコチラより確認!

2014年7月、大学講演会を行いました!

小澤竜太Twitter

運営サイト

メールマーケティング戦略会議室

メールマーケティングにおける売上アップ方法や、メルマガ配信システムの比較・メルマガ到達率の向上方法などを解説したサイトです。

⇒ メールマーケティング戦略会議室へ移動する

株式会社ディスカバリー公式サイト

株式会社ディスカバリーの公式サイトです。弊社商品説明や、過去開催したセミナー等の紹介も行っております。

⇒ 株式会社ディスカバリー公式サイトへ移動する

ただいま通勤中

株式会社ディスカバリー・小澤竜太と、早川渉(通称:HAYA)、山崎(通称:ネギ)の3人による、通勤中の15分間に学べるキャリアップ講座です。

毎週月曜日に更新していますので、是非お聴きください。

⇒ ただいま通勤中公式サイトへ移動する

ページ上部へ戻る