アフィリエイトやネットビジネスで成功するための、目的意識論

 

昨日、久々の友人と飲んでいました

その話の中で、ふと「ネットゲーム」の話がでてきました。

 

というのも、ある一人が
「なんか最近テトリスみたいな延々と続くゲームも飽きてきましたー!」とほざいていたので・・・・

 

「じゃあ、ネットゲームやればいいやん。モンハン面白いよモンハン!」とお勧めしてあげました。

 

【小澤の夜明け】というステップメールや、僕のプロフィールを見た方は知っていると思いますが・・・
僕は、昔相当なネットゲーム廃人でした(笑)

 

モンスターハンターフロンティアというネットゲームなのですが、そのゲームだけで総計5000時間以上のプレイ時間を誇るくらいにハマっていました。

⇒ プロフィールはこちら

 

 

 

5000時間=208日なので、年の半分以上をモンハンに費やしているというなんとも不毛な大学生時代でした(笑)

 

でも、これだけハマっていたとはいえ少しは将来の事を考えようとしていたんですよ(笑)

 

ちょうどこの頃、稼いだバイト代をモンハンとある物に費やしていたのですが・・・・
それが、「自己啓発本」。

 

「いつまでもモンハンばかりやっていてもダメだ!!!」
ということで、色々買いあさっていたんですよ。

 

その時に、「金持ちとうさん」や、「成功の9ステップ」、「道は開ける」等々の有名本を買っては読んでいたのですが・・・

その中に、「3時間睡眠法」というものがありました。

どういう内容かというと、その名の通り「人間は3時間ふかーい眠りにつく事が出来れば大丈夫」というものでした。

 

聞くところによると、かの有名なナポレオンやエジソンも、3〜4時間睡眠だったらしい。

「そうか、3時間睡眠にすれば彼らのようになれるのか!!」
と単純明快な回答を出した僕は、その翌日から3時間睡眠を実行するのでした。

 

そして、いざやってみると・・・・
「あれ、意外と3時間睡眠って楽にできるやん!!!」
という事に気がついたのです。

 

多少は眠い物の、もうダメだというほどでもない。
「やった!これで俺は彼らのような成功者の仲間入りだ!!!」

 

そうして僕がやった事は・・・・
なんと・・・・

 

 

 

 

ネットゲームでした(爆)

 

 

 

 

 

 

3時間睡眠やっといて、やっている事はネットゲームという・・・なんという無駄遣いw

 

でも、3時間睡眠は苦痛でもなかったし、それにネットゲームが長く出来て嬉しかったし・・・・
だって、3時間睡眠という事はのこりの21時間をネットゲームに費やす事が出来るんですよ!

こんなに嬉しい事って他にあるか?!

とくらいに過去思っていましたw

終わってるなー、あの頃の俺(笑)

 

 

 

そしてこの状態は、ここから3ヶ月以上つづくこととなります。

 

 

この話をしていて、ふと気がついた事があります。
なぜ、普通辛いはずの3時間睡眠を、こんなにもやすやすと達成する事が出来たのか???

 

その時は深く考えなかったのですが、今になってふと、考えてみました。

 

 

 

そして思ったのが、その時の僕は、明確な【目的意識】があったからこそ、辛い事でも耐える事が出来たのだと。

 

そして、その当時の目的意識と言えばもちろん・・・
『たっぷりネットゲームがやりたい!果てるまで!!』

 

もうこれオンリーです。
当初は全然違ったのですが、3時間睡眠を実行してあまりにも時間が有り余ったので、一番の楽しみだった
ネットゲームに目的意識が向いたようです。

 

 

何をやるにしてもこの【目的意識】は非常に重要です。

 

 

 

目的意識がなければ、何をやっても長続きする事はないだろうし、集中もできません。
ちょっとダメだっただけで「あー、もういいや」とあきらめてしまうでしょう。

 

でも、明確な【目的意識】があれば、3時間睡眠をしてまでネットゲームに没頭するという恐るべき集中力と、みなぎるパワーを持って、目的に向かって取り組む事が出来ます。

 

だからこそ、一つあなたに問いたい事があります。

 

【何のために今、ネットビジネスをやっているのですか????】

 

それを考えてみれば、「あ、俺ってこういう理由で取り組んでいるんだった」と思い出す事が出来、集中力も取り組むパワーも内側からあふれてきてとまらなくなりますよ!

 

ちなみに、僕は今日3時間睡眠で作業しています。
新しい目的意識が出来たからですねー。それについてはまた今度、お話ししますね^^

 

 

 

まあ、ネットゲームに没頭していた当初は言えた事ではなかったのですが、今になって言える【目的意識】の大事さの話でした!

小澤竜太

小澤竜太株式会社ディスカバリー・代表取締役

投稿者プロフィール

主にメルマガマーケティングやメルマガ到達率に関する知識が豊富で、そして多数のクライアント様も抱える人気コンサルタントでもある。

”起業を当たり前の世の中に”をモットーとして、起業家育成に力を入れている。

その一環として、ディスカバリーメール事業にも取り組み、メルマガのプロとしてクライアント様の情報発信による成果向上をお手伝いしている。

メルマガの知識やメルマガ配信システムをご提供する事で売り上げをアップしていただきお客様に笑顔になっていただく事はもちろんの事、当サイトでご提案させていただくメルマガの知識やメルマガ配信システムを使って配信されたメルマガを受け取った読者様も笑顔になっていただけるようなご提案をさせていただきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

  1. 何のためにやっているのか?

    ついつい忘れがちになります><

    初心の戻って目的を再確認したいと思います☆

    • 青空めがね@アフィリエイトで稼ぐ中学生でもわかる心理戦略
    • 2013年 6月 28日

    小澤竜太さん、こんにちは

    「アフィリエイトで稼ぐ中学生でもわかる心理戦略」
    を運営している、青空めがねと申します。

    目標を設定する事って本当に大事ですよね、
    ただ勢いに任せてがむしゃらにやってると
    いつか熱が冷めて飽きてしまいますから・・・。

    それにしても、恐ろしい時間モンハンやってたんですね。
    素材、アイテムボックスに入りきらないんじゃないですか?(笑)

    • kaden1000
    • 2013年 6月 29日

    はじめまして。
    kaden1000と申します。

    目的意識を持つことは大切ですね。

    つらいこともその目的のためなら耐えられる事もあると思います。

    時々振り返って、自分の目的を再確認してみます。

    良い記事をありがとうございます!(^^)

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

月5万円〜10万円稼ぐメール講座の登録はこちら

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

管理者プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

氏名:株式会社ディスカバリー代表:小澤竜太(長澤悠太)

出身地:福岡県

現住所:東京都港区

メールマガジンを使ったマーケティングにて、創業初年度から7000万円以上の売り上げを上げる。クライアントにもメールマーケティングの方法を提案し、売り上げをアップさせたメルマガマーケティングのプロ。

ビジネス経験の無いクライアントさんを、ネット(主にメールマーケティング)を利用して0資金で成功へ導いて来た経験も多数あり。

また、自身が販売した商材でもある”アフィリエイトディスカバリー”においても売り上げ累計7,000万円・累計販売本数6,000本突破。

小澤竜太のプロフィールと、本ブログであなたに提供したいこと

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら


情報商材 ブログランキングへ

人気の投稿とページ

株式会社ディスカバリー販売商品

高到達率・高機能のメルマガ配信システム

2014年度インフォトップ殿堂入り!

アフィリエイトディスカバリーが、2014年度インフォトップ殿堂入りを果たしました!

・販売から1年以上経過
・継続してから一定以上の売り上げ
・売上総額上位
・売上本数上位
・購入者のサポート対応

といった条件をクリアし、殿堂入りしました。

⇒ アフィリエイトディスカバリー・インフォトップ2014年度殿堂入りの詳細はコチラより確認!

2014年7月、大学講演会を行いました!

小澤竜太Twitter

運営サイト

メールマーケティング戦略会議室

メールマーケティングにおける売上アップ方法や、メルマガ配信システムの比較・メルマガ到達率の向上方法などを解説したサイトです。

⇒ メールマーケティング戦略会議室へ移動する

株式会社ディスカバリー公式サイト

株式会社ディスカバリーの公式サイトです。弊社商品説明や、過去開催したセミナー等の紹介も行っております。

⇒ 株式会社ディスカバリー公式サイトへ移動する

ただいま通勤中

株式会社ディスカバリー・小澤竜太と、早川渉(通称:HAYA)、山崎(通称:ネギ)の3人による、通勤中の15分間に学べるキャリアップ講座です。

毎週月曜日に更新していますので、是非お聴きください。

⇒ ただいま通勤中公式サイトへ移動する

ページ上部へ戻る