株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。

この記事を見ている人は、多分何かしらに本気で打ち込もうとしているけど…でも、なかなかうまくいかない!と嘆いている人だとおもいます。

特にビジネス。色々教材を見たりして、学びになっている反面、「うーん、なかなか思ったようにいかない…」と、思っているかもしれませんね。

 

また、そういう状態が続くと、どうしてもある考えが頭をよぎります。
「なかなか結果が出ない…やっぱり、成功している人は本当に一握りの天才じゃないか…」

 

と。

そう思いたくなる気持ちは分かります。正直、僕も最初はそう思っていました。

でも…僕のような凡人でも、今こうしてあなたに、情報を発信できています。しっかり収入も得られるようになっています。

じゃあ、なんで僕が今の状態になったか?と言われると…当然色々ありますが、これだけは!と言われたら真っ先に上げるのが、

 

「人から素直に学んだ事」

 

です。

 

多分、これ以上の成功法則は出てこないのではないかなあと思います。

どんなに大天才でも、どんなに凡才でも、成功している人、もしくはこれから成功する人は必ずと言っていいほど、人から学んでいます。

僕だってそう。むしろ、人に学んでばかりでしたよ。人間って、残念ながらどんなに頑張っても100%、客観視点を持てるわけではないんです。

 

だから、客観的に見てマズイことしていたら、指摘してくださる人が今でもいます。

分からないことがあったら、聞ける人がいます。

新しい知識や考え方を、教えてくれる人がいます。

 

これは、今も昔も変わらない。例えば象徴的なのが…僕が、初めて月収40万円稼いだ時の話ですね。

5年前…サラリーマンを辞めた僕の貯金は5万円でした

どうしようお家の家賃払えないよ…

どうしようお家の家賃払えないよ…

 

こちらの話は、他の記事に書いているので一度ぜひ目を通してほしいなと思うのですが…

 


僕は2011年8月、貯金5万円まで追い込まれていました。
サラリーマンを辞めていたし、アルバイトもやってませんでした。

そして、ネットビジネスの収入は…なんと、月2万円。一日中ネットビジネスに取り組んでいたのに、このザマですよ。

いや、月2万円稼げただけでもそれはそれですごいことではあります。が、正直言うと、それ以上伸びる気配がなかった。伸ばし方も分からなかった。

 

そして、何よりも月2万円では、生活ができなかった…。何で一日中ビジネスに取り組んでいたのにそんな状況に追い込まれたのか?というと、答えは至って簡単な話です。
「誰からも学ばず、誰からのアドバイスも聞かず、自分勝手にビジネスを進めていたから」。

 

僕は、どちらかと言えばプライドが高い方です。当時はそれが、今よりも遥かに顕著でした。

いや、おれ、そこ食べれないんで…食べに行ってください…

うっせーなー俺のほうが正しいに決まってんだろ…

 

だから、稼げている人のアドバイスを聞いても「いやまあそうは言うけどさ、俺が考えている戦略のほうが正しいっしょ?」とか、心の底から、本気で思っていました。しかもアドバイスをくれた人、100万円とか稼いでいる人だったんですよ?
そんな人のアドバイスを、月2万円の人間が聞かないって…

相当やばい状況だったことは、お分かりいただけるかと(笑)

 

 


あなたも、心当たりありませんか?

この業界に入ってそれなりに経っていて、なおかつ結果が出ていないなら…

間違いなく僕と同じように、「誰からも学ばず、誰からのアドバイスも聞かず、自分勝手にビジネスを進めていた」のでしょう。

 

しかも、貯金5万円、収入は月2万円なのに、当時住んでいた家の家賃は72,000円。

その支払が、10日後に迫ってました。
てか、72,000円って…ボロアパートだったのに…東京高すぎる(笑)

まあこの支払は、なんとか乗り越えたのですが…正直このまま行くと、9月の支払いを乗り越えるのは厳しかった。

 

追い込まれてようやく、「誰かから本気で学ぶことの大切さ」を知った

965cc621-5ee0-4453-88f1-19d7c2be5781

学ばねば…変わらなねば…!!!

 

「どうしよう…このままでは本当に危ない…」

「いい加減、このプライドをかなぐり捨ててでも、誰かに学ばないといけない…!!!」

 

そこでようやく、「本気で誰かから学ぶ」ことの重要性を知りました。

稼げていない人間が、自分勝手にやってしまったら、稼げないのは当たり前の理屈なんです。

 

ホームランの打ち方を知らない人間が独学でどんなに頑張ってもホームランを打てないように…

 

稼ぎ方を知らない人間が、独学でどんなに頑張ったところで稼げるようにはならないんです。

 

自分が達成したい目標の達成法を知っている人間に、学ぶ必要があるんです。

 

僕は、貯金5万円に追い込まれてから、ようやくそのことに気が付きました。

そして、当時僕の先輩アフィリエイターでもあった人に、己のプライドを捨てて、本気で学ぶことにしました。

 

色んなダメ出しをされながら、色んな部分をパクりながら、結果を出した

うっせーーーーーー!!!言われなくてもわかってんだよおおおおおおお!!!!

 

学びに行ってからと言うもの、結構ダメ出しされましたよ。

 

「この文章が駄目ですねー」

「あー、その特典の出し方は売れないですねー」

 

などなど…。プライドが高い僕にとっては、ダメ出しって相当こたえました(笑)

 

「クッソ、んなことわかってんだよ…ただやってねえだけなんだよ…」とか思いながらも、グッととこらえながら素直にその人の言うことを聞いてましたw

お金まで払っているのに、素直に聞かないって単なるアホですよね…。

 

その人曰く、

 

「この人についていく!と決めたのであれば、その人が明らかに黒いものを”白だ!”といったら、それは白なんだと信じ込むくらいまで聞くこと。自分の考えを捨てて、徹底的に吸収せよ」

 

とのことでした。

 

僕はまったくもってその通りに行動しました。パクれるテクニックも、見よう見まねでパクりまくりました。
その結果…指導を受け始めてから2ヶ月後には、月収40万円を達成していました。

そこからはトントン拍子に報酬も伸びていき、

2012年5月には、初の月収100万円超え、

2012年8月には、月収140万円を達成しました。

 

学び始めてから、1年後のことですねー。

 

その実績を基にして、
「アフィリエイトディスカバリー」という、6,152本売れた、アカデミーの前身ともなる教材を販売したんです。

販売に関しても、わからないことだらけなので先輩に立ち会ってもらいました

お金で叩かれる男性

「すんません教えてください」「しゃあねえなあほれ」

その販売の際も、先輩に立ち会ってもらって販売しました。販売に関してもわからないことだらけだったので、何から何まで、指導してもらいながら進めました。

あの時、プライドを捨ててでも指導を素直に受けたから、今こうして自力でやって行けているんです。

 

…まあ、実は完全に自力というわけではなく、やはり今でも学び続けているんですけどね。
学んで、そしてそれを自分のビジネスに活かしていく。

この繰り返しが、最速で稼ぐ方法だなと僕は思っております。

 

成功したいなら、素直に学ぼう

 

こういう態度だとうまくいかないよ!

色々言いましたが、今回伝えたいことは、「成功したいなら、素直に人から学ぼう」ってことです。

 

人に聞くことは、恥でもなんでもありません。

分からないことは、恥でもなんでもありません。

 

恥なのは、昔の僕のように…
妙なプライドを持って、

「人に聞くのが恥ずかしい」

「俺のやり方がゼッタイだ!!!」

と、思うことです。

 

その思考は本当に稼げないので、今すぐ捨てたほうが良いです。

その思考を持っているから、いつまでも稼げないのです。

危機感を持てないなら、危機感を持てるくらい自己投資すればいい

あともう一つ言えることとして…

「何やっても危機感を持てないのであれば、危機感を持てるくらい自己投資すればいい」ってことです。

これは「俺に投資しろ!!」って言っているのではなく、今回お伝えした実体験から感じたことを言ってます。

 

お伝えしたように、僕は2011年に、貯金5万円まで追い込まれました。

そして、貯金5万円の状況から、分割払いで20万円のコンサルを受けたんです。

まあ、恐ろしいくらいの危機感に襲われましたよ。でも、その分本気になれた。

本気で、素直になって、全てを吸収してやろうと学び行動しまくった。

だからこそ、自己投資してから3ヶ月後には月40万円を達成できたんです。

 

ぶっちゃけ、安全圏でチマチマチマチマ・チンタラチンタラやっている人は、いつまでたっても本気で行動出来ません。

 

あなたに危機感がないからです。

 

危機感がなければ大半の人間は行動できません。

あれですよ、病気になってから初めて、食生活を真剣に見直した、みたいなことと同じです。

これまで一切健康に気を使わず、「まあ大丈夫でしょ」と思った人の末路と全く同じです。

 

今の人生が…安全圏が…いつまでもそのままだと思っちゃっているんです。

その安全圏が、いつ破壊されるとも知らずに。身近に迫っているとも知らずに。

 

脅してるわけではないんです。事実を述べているまでです。

その危機感を少しでも感じたから、今こうしてビジネスに取り組んでいるのではないですか?

でも、やっていくうちに感覚が麻痺して、その危機感を忘れてないですか?

 

しかし、危険地帯を超えない限りその先のオアシスにはたどり着けない。

だったら、危険地帯に一気に飛び込めばいい。お金を払ってでも。僕はそうしました。

オアシスにたどり着くためには、危険地帯に飛び込むほか方法はないんです。

 

何の努力もなく、何の苦労もなく、オアシスが手に入ると思ったら大間違いもいいところ。

オアシスにたどり着きたくないのであれば、ずっと安全圏にいればいい。

オアシスを手に入れたいなら、危険地帯に飛び込みましょう。

 

そのために、バーンと自己投資しましょう。

かなり、危機感を感じますよ。

追伸…プライドが高い人が、成功するための考え方

あと一つ…
個人的に思うのですが、プライドが高い人が成功する方法は、以下の2つだと思うんです。

  • プライドを全力で捨てて、僕のように人から徹底的に学び通す
  • プライドを全力で守るために、全力で意地を貫き通し、誰がなんと言おうが全力でやり通す

このどちらかです。真ん中はありません。

僕は、プライドを捨てる方を選びました。が、中途半端な人が本当に多いなと思います。

プライドを捨てきれてもいないし、かといって守りきれてもいないし…

 

表面上はカッコつけているようにみえるけど、追い込まれている事がミエミエな人とか。

正直、中途半端もいいところです。その中途半端さが、己を殺します。

 

プライドが高いなら、
全力で守り通すか?

全力で捨てるか?

どっちかにしましょう。中途半端かっこ悪い!