僕は2年前・・・それこそまだペーペーの頃から、
お茶会という形で早い段階から読者さんと接してきました。

 

「ペーペーの段階でそんな事やって、 もし答えられなかったらどうするんですか?」
とか言われる事もありますが、
だからこそ僕はそこから誰よりも早く成長できました。

それって、ファン作りという観点と、 もう一つの観点がそうさせています。

それは、「読者さん・お客さんが今まさに、
リアルタイムで、生々しく抱えている悩みを その場で、
感情を持って聞ける事」なんです。

結構見ていると、
あまりにも自分よがりの 情報発信をしている人が見受けられます。

 

もちろんそういった側面も必要だし、
僕も結構自分の言いたい事を言いまくっています(笑)

でも、僕はただ単に自分の言いたい事だけを言っているのではなく、
「読者さん・お客さんの悩みにそってそれを言っている」んです。

 

ようは、バランスですね。
自分の言いたい事と、相手の悩み。

自分の言いたい事に偏りすぎると、ただの独りよがり。
相手の悩みに偏りすぎると、それはもう自分が全くない。

僕の文章は、たくさんの人に言っているようで、
実は”ある一人”の悩みを聞いて、
それに対する考えを発信しているにすぎないんです。

 

そして、そういった悩みをどういったところで 手に入れるのかというと・・・・

当たり前ですが、
”読者さんや購入者さんとの対話” 以外にあり得ないんです。

 

最近では、作業を報告してもらうという形で
生々しい悩みというものを見ていますので、
そういった形でもいいと思います。

 

が、やっぱり一番は対話がいい。

だからこそ、そういった機会を得るためにも もっともっと対話した方がいいです。

 

見た感じ、全く対話していない人がほとんどなので(笑)
怖がらないで、もっともっと対話してみて下さい。

これやんないと、
誰にも響かない文章を書き続けるはめに なってしまいますよー。