ミ:D)| ̄|_ ミィータァーナァー!! 画像に文字情報を入れていますか?

画像にも文字情報を入れないともったいないですよ??

画像にカーソルを合わせると、ポンって文字が出てくることありますよね??

あれって実はSEO対策にも有効なんですよ。

 

上の画像にカーソルを合わせてください。

・・・・・見えましたね^^

 

という感じに、文字を入れることができるのですが

なんでこれがSEO対策に有効なのかというと、クローラーが画像情報を読みとれないからです。クローラーは文字情報しか読みとれません。

 

 

 

例えば画像だらけのサイトがあったとしましょう。

そこにクローラーが回ってきます。

 

すると、クローラーははこう判断します。

クローラー

「なんもねえサイトだなここ(笑)」

 

(厳密にいえば、サイドバーとかヘッダーにも文字情報はあるので流石に何もないってことはないですが)

 

 

もちろん、クローラーに評価されないため、そのサイトや記事は検索になかなか引っ掛からないということになります。

 

画像で文字を作成しても同じです。

画像でできた文字でも、クローラーは単なる画像としか認識しません。

 

ライオンの画像だろうが、熊の画像だろうが、私の画像だろうが、ポルノ画像だろうが、クローラーには「なんかの画像がある」としか認識されません。

 

それを認識させるために用いるのが、<alt>属性、<title>属性なのです。

<alt>属性は、画像に文字情報を含めることのできるタグです。

 <title>属性も、同じく画像に文字情報を含めることのできるタグです。

 

この2つにどういう違いがあるのかというと

alt属性は、画像情報が指定したパスから読みとれなかった場合の代替テキストとしての役割を果たしてくれます。

title属性は、画像にカーソルを合わせた時テキスト情報を表示してくれます

alt属性を指定した場合

例えば以下のような場合ですね。

 

存在もしないパスを指定したため、こんな表示になりますが、中に”alt属性を指定した場合”というテキスト情報が表示されていますね?これがalt属性の役割です。

 

また、パスが正しかったとしても、ブラウザによっては画像を読みとれない場合もあるため、その時もこのように表示されますね。

title属性を指定した場合

上でもみせましたが、下のネコの画像にカーソルを合わせてみてください。

 ミ:D)| ̄|_ ミィータァーナァー!!

見えましたか?これがtitle属性の役割です^^

SEO的にはどっちを気にすればいいの??

色々言われているこのalt属性とtitle属性。

「alt属性はもうSEO対策に効果はない~」

 

とか。

 

少なくとも私が検証した結果は、alt属性は普通に効果あると思います。

実際にキーワードとして読みとられているわけですしね^^;

 

逆にtitle属性に関しては、どうも評価していないようです。

 

この辺りは正直言うと、yahoo様やgoogle様の腹具合によってコロコロルールが変わりますので、もしかしたら評価されない時が来るのかもしれません。

 

少なくとも現時点では、効果があると言っておきます。

 

alt属性は、ユーザビリティとSEO対策の観点から

title属性はユーザビリティの観点から有効である、ということですね。

alt属性、title属性の指定方法

指定方法は以下の通りです。

 

<img src =”http://~~~” title=”文字情報” alt =”文字情報”>

 

画像を挿入する際に用いる<img>タグに、title=”文字情報” alt=”文字情報”を入れるだけです。

 

 

 

 

ここまでの説明でピンと来た人なら分かるかと思いますが

「ライオンの画像に、”ネコ”って文字情報を与えたらどうなるの??」

 

 

もちろんクローラーは、その画像を”ネコ”の画像と読み取ります。

 

せっかくライオンの画像をメインにしたサイトなのに、クローラーからネコの画像と判断されたがために、”ライオン”と検索してもそのサイトは引っ掛からないのです。

 

こんな悲しい結末になる前に、きちんとalt属性は指定しておきましょうね^^

ただしキーワードの羅列はスパム扱いになる

ただし、キーワードの羅列は禁止です。

いくら効果があるからと言って、複数のキーワードをヴぁーっと羅列したら、逆に検索エンジンスパム扱いされます。

 

昔はこの手の検索エンジン対策がはやったらしいです。

画像に100個くらいの同じキーワードを埋め込んだり、背景と同じ色の見えないキーワードをヴぁーっと文中に羅列したり・・・・。

 

何とそんなものでも評価され、上位表示されていたという事実。内容のないクソブログでも、です(笑)

 

こういうことがあって、最近では内部SEO対策もかなり評価が落ちました。

 

 

だからと言って、無視していいわけでもなければやりすぎもよくない。

なので、この辺りはしっかりと意識しながら使っていってくださいね^^