株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。

2016年4月29日、アフィリエイトディスカバリーの販売終了を記念し、『卒業式』を行いました。その様子は以下に記載しているのですが

この『卒業式』で、あまりにも大きなものをたくさん受け取ったので、そのことについて書かせていただこうと思います。この記事は大半の人には全く関係のない記事なのですが、僕の中であまりにも変化が大きな出来事だったので、書かせていただきます。

お世話になった人・購入者様に恩返しがしたい!

僕は、卒業式で本当にあまりにも多くのものを受け取りました。
それは、「みんなからの感謝の気持ち」や、「たくさんの想い」です。

なんだろう、ここまでみんな僕のことや、ディスカバリーのことを考えてくださっていたんだってことが、この卒業式で沢山垣間見えたんです。

  • 自ら、手伝いを名乗りでてくれる人
  • 忙しい合間を縫って、卒業式に参加してくださるゲスト
  • 普段、何万円もするようなセミナーを開催しているのに、「ディスカバリーのため!」と、ギャラも無しで講師を引き受けてくださった山嵜さん・加藤さん・我妻さん
  • 北は北海道、南は高知と、全国からわざわざ卒業式のためだけに来てくださったお客様
  • ”卒業式”という名目だけで、ノウハウを学べるわけではないのに参加してくださった多数のお客様
  • アフィリエイトディスカバリーをアフィリエイトしてくださった皆様
  • 販売にあたり、たくさんのご協力をしてくださった方々

 

等…本当にね、感謝してもしきれないくらいの感謝であふれています。

 

もちろん、感謝の気持ちを表したい!と思ったのは今回一度だけではありません。

でも…でもね、過去の感謝を遥かに凌駕するくらい、今は感謝の気持ちで溢れかえっているんです。今更ながら、こんなにも大きなものを僕は受け取っていたんだと、気が付きました。

よく、こういう時に「自分のコップをまずは満たしてあげて、そのこぼれた分を他の人に分け与えなさい」って言うじゃないですか。でも、そのあふれた分がですね、コップ1つや2つじゃ全然足りないんですよ。もう水浸し(笑)

そしてこの感謝の気持ちを、「有難う」という言葉だけで返すのは正直難しい。だから、何かしらの形として、この感謝の気持ちを全力で返したいなと。本当に、心の底から思っています。

で、いろいろ考えた結果、一つの結論に至りました、それは、

あなたがビジネスでもっと活躍できるような環境を作り上げよう!

『あなたがビジネスでもっと活躍できるような環境を作り上げよう!』ということ。
僕が活躍できた一つの要因として、”環境”はかなり大きかったと思います。

そもそも、”アフィリエイト”というビジネスがこの世に存在しなかったら、僕は嫌々サラリーマンを続ける人生に明け暮れていたと思います。でも幸運な事に今生きているこの時代に、”サラリーマン以外の道”が存在したんです。

 

これも、”環境”のおかげ。

そして、アフィリエイトディスカバリーを販売することが出来たのも、先輩から声をかけていただいたからこそなんです。

元々、別の人がやる予定だった企画だったらしいのですが、その方が販売することができなくなったらしく、僕の方に話が回ってきたんです。

「小澤くん!商材出してみない?」って。

 

2012年10月時点の僕は、商材なんて出すつもりは一切ありませんでした。それどころか、「俺に商材を出すなんて無理!」なんて思っていたんです。でも、そうして声をかけていただいて「コレはチャンスだ!」と思い、そのチャンスを自分のものにしました。

要するに、『僕が活躍できる環境』を用意してくださったからこそ、今の僕があるんです。

このように、僕は”環境”を与えてくださった人たちのおかげで、成功できているんです。人の成長の影には、”環境を与えられた”という要因も間違いなくあるんです。

 

 

そこで、僕は考えました。2つの環境を用意すれば、もっと多くの人が活躍できるのではないか?と。

それは、以下の2つ。

  • ビジネス初心者の人が今以上に学べ、行動でき、そして結果を出しやすくなるような環境
  • ある程度活躍した人に与える、次のステージ(ジョイント等。ディスカバリー道場の我妻さんのような)

これは、過去に僕が諸先輩方にやっていただいたことを、更に発展させようとしたものです。これだけの環境を用意できれば、もっと多くの人が、活躍できるのではない、と。そして、それこそが僕が出来る最大限の恩返しかなと、考えております。

 

初心者から段階を踏んで成長し、そして次のステージに進んでいく…理想の流れだし、僕がこれからビジネスを始めるなら絶対にほしいなって思うような環境です。

 

もちろん、次のステージに行くために自分で切り開いても良いです。でも、人は自分の想像のつかないような環境を用意されてこそ、もっと成長できるのではないか、というのが僕の持論です。なぜなら、僕がそうでしたから(笑)

 

ということで、2016年の小澤竜太ならびに、株式会社ディスカバリーは、より多くのビジネスマンが成長・活躍できる環境を作っていきます。よろしくお願いいたします!