『起業を当たり前の世の中にする』 株式会社ディスカバリーの小澤竜太です。

2011年4月に脱サラしてアフィリエイトに取り組み、2015年現在では会社設立・年商7000万円以上 などを達成したわけですが…

その一方で、脱サラ企業を目指してネット業界に飛び込んできたものの、結局夢破れ、脱サラ起業できなかった人も数多く見てきました。

そんな彼らには、大きな8つの特徴があります。逆に言えば、これらの特徴に当てはまらないように気をつければ、脱サラ起業できる可能性が高まります。

ぜひ、今回の記事を見ていただき、脱サラ起業に向けて取り組んでみてください。

1,失敗を恐れすぎ

コレが圧倒的に多い気がします。はっきりいって、ビジネスは大小限らず失敗はいくらでもします。
僕だって数々の失敗を犯してきました。

その失敗を経て、人は成長して、成功に近づけるわけです。
…あなたがコレまでやってきた仕事でも、そうじゃなかったですか?
幾度と無く失敗して、それを経て強くなり、そして仕事が上達していったでしょう?

ネットビジネスもそれと何ら変わりません。失敗を経てこそ、人は成長します。
逆に、失敗を恐れて何もしないことこそが、一番の失敗なんです。

行動すれば、成功の可能性は出てきますけど、行動しなければ、成功の可能性は0ですからね。

2,計画しすぎ

なんだろう、完璧を求めすぎるがあまり、計画をガチガチに固めるまで全く動けない人がいます。100%失敗のパターンですね。

はっきりいって、どんなに計画をガチガチに固めようが、動き出してみなければ何が起こるか分かりません。

経験上、ガチガチに計画を固めたところで失敗するときは失敗します。
全然計画しない、行き当たりばったりの販売でもうまく行くときはうまくいきます。

また、計画をガチガチに固めている内に旬が過ぎてしまって、売れなくなった…なんてこともよくある話。

どこまでいっても、最終的には動き出してみなければわからない。
そして、動き出してから調整していったほうが成功する確率は高まるということも頭においてください。

3,諦めが早過ぎる

ネット起業しようとする人って、4年以上みてきてますけど諦めがあまりにも早すぎませんか?
教材を買って、ろくに実践もしないまま1ヶ月で挫折する人、本当にたくさん見てきました。3ヶ月もすれば購入者のうち9割は挫折している感じです。

えっと、1ヶ月そこらで稼げるほどビジネスって甘くないですよ。
別の記事でも書きましたけど…1年は無収入を覚悟してもいいくらいです。

あの…せめて半年くらいは頑張ってみようよ。
普通の仕事でも、1ヶ月で身につく仕事なんてそうないでしょ?
そこから失敗を繰り返しながら、1年〜2年以上の歳月をかけて、やっとものになるって感じ。それが普通でしょう。

それが、ことネットビジネスになると、なぜか簡単に稼げると勘違いしている。
もうね、いい加減目を覚ましなさい って話です。

お客様からお金をいただくということは、信頼を獲得するということです。
ネットだからって、どこかからお金が降ってくるわけじゃないですよ?
お金を出すのは、あくまでもお客様です。つまり、人 です

もしくは、ブランドに対しての信頼から、お金を出したいって思うこともありますよね。

そして、あなたもそうだと思うのですが、信頼したからこそその人にお金を払うはずです。
で、その信頼を得るのにどれだけの労力と時間がかかるか?…1ヶ月でいけますか?(笑)

…と、いうことなんですね。だからこそ、1ヶ月〜3ヶ月で稼げなかったからって落ち込まなくてもいいです。

ぶっちゃけ、それが当たり前です。
1ヶ月〜3ヶ月で稼げるって正直相当の天才だと僕は思います(やり方はないことはないですが、単発で終わっちゃう方法しかないです…)。

だから…正直みんな、諦めるの早すぎ!あまりにも早すぎ!

4,あれこれ手を出す

諦めが早過ぎる人のもう一つの特徴なのですが…諦めてそのままネットビジネス自体も諦めるかと思ったら、あれこれいろんな教材とか塾に手を出しているんです。

で、手を出す教材はお決まりの「楽して、簡単に、片手間で」ってやつ。
黒いスーツの連中がドヤ顔したような無料オファーだったり…
最近は、『Google Youtube yahoo も公認!』みたいなのも増えてますね。

そしてそこでもうまく行かず、今度こそ本当に挫折するってパターンです。

もうね、いい加減に目を覚ましなさいって話です(このセリフ何回使ったんだろう…(笑))

5,何でも人のせいにする

基本的に、起業するってなったらすべての行動は「自分のせい」なんです。
人のせいにしたって、なーんも変わらないんです。
てか起業しようとしている人が起こったことを人のせいにしているって、かなりやばい状態ですよ。

教材のせい
販売者のせい
ツールのせい

よく言われますよね。

これ、全部自分のせいなんです。
それを選んだのは自分。最終的な判断をしたのは自分です。
自分の見る目がなかったってことです。
しっかり努力して、見る目を養いましょう。

そして、何かが起こったらどんな理不尽なことであったとしても、あなたが対処しなければならないんです。
人のせいにしている場合じゃない。そんな暇もない。

全ては自分のせい。

6,起こってもいないことを心配しすぎ

なんだろう、コレも多いんですよね。

例えば僕は、ネットで脱サラ起業するために『メルマガ』を推奨しています。
で、メルマガをやる人で多いのは…まだ起こってもないのに、

「メルマガの反応がなかったらどうするんですか?」
「レポート書いてもダウンロードされなかったらどうするんですか?」
「売れなかったらどうするんですか?」

「これらが怖くて配信ができません!」

みたいな。それらに対する僕の回答は…

「…知るかよ!起こってから考えろよ!いいからやれよ!」

って話です。

そりゃ、やった結果 死ぬ とか 多大なる借金を抱える っていうなら、起こってもいないことを心配する気持ちもわかります。そりゃ誰だってビビる。俺もビビる。

でもさ、メルマガ書いて反応ないとか、レポートダウンロードされなかったとか、別に失敗したってその結果が起こるだけじゃないですか。しかも、起こらないかもしれない。

起こってもいないことをあれこれ妄想したって何の意味もないんです。

やってみたら、うまくいくかもしれないじゃない。やらなきゃ、うまくいく可能性すらも生まれないんだから。

で、本当に思っていたことが起こったんなら、そこから得られることを必死に学んで、次につなげれば良い話です。

さっきも言いましたけど、失敗から得られる経験はほんとうに素晴らしいものです。失敗を経て、人間は成長するんです。

だから、起こってもいないことをウジウジウジウジ考えていないで、さっさと動け!ってことです。

7,自主的に動けない

起業したとなれば、すべての判断はあなたに委ねられます。命令してくれる人は他にだれもいません。全て、あなたに決定権があります。

「うおー、全て自由だ!誰からの命令も聞かずにすむぜ!うるさい上司もいないぜ!」って思うかもしれないですが…命令をきいて動く ということがいかに楽だったのか?痛感するはずです。

だから、人の命令でしか動けない人は、起業したらかなり厳しい結果が待ってます。

8,出来る・出来ないでモノを考える

はっきり言ってしまえば、起業したとなれば、コレまで経験したことのない未知の体験ばかりします。にも関わらず、ネットビジネスで起業しようとしている人は今までの知識の中で「この作業は、出来るか?出来ないか?」を判断しようとします。

当たり前ですが、未体験のことに対して『出来るか?出来ないか?』なんて判断していたら、ほとんどの事が『出来ない』になってしまいます。

そうではなく、『やるか?やらないか?』で判断する癖を付けましょう。
未体験だろうがなんだろうが、起業したら出来るできないなんて関係なく『やるかやらないか?』これしか無いんです。やりながら、出来るようになるしか無いんです。

…ということで、『4年以上ネット業界を見てきた中で、結局脱サラ起業出来ない・稼げない人の大きな8つの特徴』でした。

いかがでしたか?冒頭でも言いましたが、この7つの特徴に当てはまらないように努力していけば、脱サラ起業出来る可能性は高まります。

ぜひ、こちらを注意した上で取り組んでみてくだい。